iPhoneで音声操作を無効にする、ハウツー

iOS 10以降、ユーザーはiPhoneの音声コントロール機能で多くの問題に直面する必要がありました。 ユーザーは、iPhoneで誤ってダイヤルするなど、この機能に関する問題を常に抱えていました。

一部のユーザーは、誤ってホームボタンを長く押しすぎると、大きなping音が鳴り、音声コントロールが表示されることに気付きました。 iOS 10で使用されている回避策は役に立ちませんでした。音声コントロールをオフにしても、iPhoneでSiriが有効になっているためです。 次に、Siriのパスワードまたは言語オプションを変更して、潜在的な回避策を過剰設計する必要がありました。

iOS 10.2を使用していない場合の一般的な回避策は、Siriの言語を変更することでした。

[設定]-> [Siri]をタップします。 Siriを有効にして、言語を「ヘブライ語」に変更します。 Siriをオフにします。 ホームボタンを少し長く押しても、音声ダイヤルは行われません。

iOS 10.2を使用して音声コントロールを完全に無効にする

iOS 10.2の導入により、Appleはついにこの厄介な問題に最終的に取り組む方法を提供しました。 これで、回避策なしで音声コントロールを完全に無効にすることができます。

そうするために、

  1. 設定>一般をタップします
  2. アクセシビリティを選択してからホームボタンを選択します
  3. ここで「長押しして発言オプション」をオフにします

iPhone 7のホームボタンは触覚ボタンではなくなったため、これはiPhone 7ユーザーにとって非常に迷惑でした。 強く押しすぎたり、押しすぎたりすると、音声コントロールが表示されます。

iPhoneにハプティックシステムを搭載しているユーザーは、使用状況に基づいてこれを調整する方法を学ぶことをお勧めします。 触覚システムを最大限に活用する方法については、以下の記事を参照してください。

  • iDeviceの触覚機能を発見する、詳細ガイド
  • 触覚が機能しない、修正方法

iPhoneで音声コントロールを使用していますか? この機能を使用しているときにどのような機能が好きですか?

新しいiOS 10.2についてのご意見もお待ちしております。