間違ったパスコードを入力しましたか? 無効にされたiPhoneがiTunesに接続すると言って修正する方法

あなたのiPhoneはiPhoneが無効になっていると言っていて、それが何を意味するのか、なぜこのメッセージが表示されるのか、そしてそれに対して何ができるのか疑問に思っていますか?

「iPhoneが無効になっています」または「iTunesへの接続」アイ​​コンまたはメッセージでiPhoneが無効になっているというメッセージが表示された場合、デバイスは少なくとも一時的にはアクセスできません。

しかし、すべてが失われるわけではありません! この記事では、何が起こっているのか、なぜあなたがあなたのiPhoneからロックアウトされているのか、そしてあなたが通常のようにあなたのiPhoneを再び使えるようにするために何ができるのかについて見ていきます!

iPhoneが無効になっているのはなぜですか?

あなたまたはあなたの愛する誰かがあなたのiPhoneに間違ったパスコードを入力しましたか?

あなたやあなたのデバイスにアクセスできる人(特に幼児)があなたのiPhoneや別のiDeviceに間違ったパスコードを何度も入力した場合、Appleは自動的にあなたのデバイスへのアクセスを無効にし、あなたの「iPhoneが無効になっている」というメッセージを画面に表示します。」 この時点では、少なくとも一時的には電話を使用できません。

このメッセージはセキュリティ機能であり、デバイスが盗まれたり、権限のない人が使用したりした場合に備えて役立ちます。

このメッセージは通常、正しくないパスコードを6回以上入力しようとした後に表示されます。

「iPhoneが無効になっています」というメッセージが表示されると、最初に1分後に再試行するか、5、15、60分後に再試行するかの指示が続きます。

その場合は、割り当てられた時間待機して、正しいパスコードを入力していることを確認してから、その時間が経過した後に再度サインインしてください。

スマートフォンに無効が表示されている場合でも、緊急電話をかけることができます

その時間が経過した後、別の正しくないパスコードを使用して再試行すると、iOSはさらに長い時間ロックアウトします–最大1時間。

不正なパスコードエントリの数に基づいて、iPhoneが無効になっている時間を示します

  • 6つの不正なエントリ:iPhoneが無効になっています。 1分後にもう一度お試しください
  • 7誤り:iPhoneが無効になっています。 5分後にもう一度お試しください
  • 8誤り:iPhoneが無効になっています。 15分後にもう一度お試しください
  • 9が正しくない:iPhoneが無効になっています。 60分後にもう一度お試しください
  • 10が正しくない:iPhoneが無効になっています。 iTunesに接続する

iPhoneが無効になっているというメッセージが表示され、iTunesに接続しますか?

10回ほど試行すると 、Appleがロックアウトし、iPhoneまたはiPadが完全に無効になり、デバイスをiTunesに接続するようメッセージが表示されます。

間違ったパスコードを入力すると、データは自動的に削除されますか?

パスコードの試行が10回失敗した後にデバイスを消去するように以前に設定した場合、iOSはすべてのデータをiPhoneまたはiPadから自動的に削除します。

その場合は、バックアップから復元してデータを復元し、iPhoneまたはiPadを再び動作させる必要があります。

パスコードを忘れた場合の修正方法は?

パスコードを思い出せない場合は、デバイスを消去する必要があります。

iPhoneを消去すると、パスコードを含め、そのデバイスに保存されているすべてのデータと設定が自動的に削除されます。

バックアップはありますか?

iTunesまたはiCloudを使用してデバイスを定期的にバックアップする場合、すべてが失われることはありません。 データを回復できます。

iPhoneをiCloudまたはiTunesでバックアップすると、データは別の場所に保存され、保護されます。 私たちがする必要があるのはあなたのiPhoneをその保存されたデータに再接続することだけです。

iPhoneまたはiDeviceをバックアップしませんか?

パスコードを忘れる前にバックアップを作成しない限り、データを保存する現在の方法はありません。

間違ったパスコードを何度も入力した後、iPhoneに再びアクセスする方法

基本的に、デバイスへのアクセスを復元するには3つのオプションがあります

  • iTunes(WindowsおよびmacOS Mojave以下)またはFinder(macOS Catalina +)
  • iCloud
  • リカバリモード

オプション1 iTunesまたはFinder

  • 以前にiPhone / iPadをiTunesまたはFinderに同期したことがある場合は、このオプションを使用します
  • デバイスをコンピューターに接続し、iOSデバイスをiTunes / Finderと同期するだけです
  • 次に、[ 今すぐバックアップ]を使用してデバイスをバックアップしてみます

  • バックアップできない場合は、「 iPhone復元 」を選択します iDeviceを復元すると最初に完全に消去されるため、次に進む前にバックアップがあることを確認してください

  • 最初にバックアップできる場合は、バックアップと同期が完了したら、 iPhone復元機能を使用してデバイスを復元します
    • 画面の指示に従ってiPhoneを消去します
    • iTunesがデバイスを完全に消去すると、Appleはデバイスを新しいiPhoneとして扱い、再度セットアップする必要があります
    • オプションとして表示されたら、「iTunesバックアップから復元」を選択します。 iCloudバックアップから復元を選択することもできます

「iPhoneを探す」をオフにするメッセージが表示されましたか?

このメッセージが表示された場合は、代わりにiCloudメソッドを使用してみてください。

オプション2 iCloud

  • 無効になっているデバイスを電源に接続し、充電モードにします
  • デバイスをリモートで消去しても、アクティベーションロックはオンのままになり、デバイスを保護します。 デバイスを再度アクティブにするには、Apple IDとパスワードが必要です
  • このオプションは、iOSデバイスで「iPhoneを探す」を有効にした場合にのみ使用できます
  • iCloud Find Webサイトにアクセスし、Apple IDとパスワードでログインするだけです
    • コンピューターを使用するか、iOSデバイスを使用している場合はこのヒントを使用してください
    • 必要に応じて、[iPhoneを探す]をタップし、iDevicesのリストから無効なデバイスを選択します(複数ある場合)。
    • 信頼できるブラウザを使用していない場合は、セキュリティの質問に回答するか、Appleが他のデバイスに送信する確認コードを入力してください
  • iPhoneの消去を選択します

    • デバイスがオンラインの場合、リモート消去が始まります。 Appleは確認メールをApple IDのメールアドレスに送信します。 デバイスがオフラインの場合、リモート消去は次にオンラインになったときに開始されます
    • 2要素認証を使用する場合、消去したデバイスは信頼できるデバイスのリストから削除されます
    • 消去するとApple Payは自動的に無効になります
    • このオプションはすべてを消去し、時間がかかります
  • デバイスが完全に消去されると、新しいiPhoneとして扱われます
  • 求められたら、Apple IDのパスワードを入力して、すべてのアプリと他の購入を復元します。 iCloudバックアップから復元することを選択して、最新のiCloudバックアップからデバイスを復元します。 必要に応じて、iTunesバックアップから復元することもできます。

オプション3リカバリモード

  • iPhoneをiTunes / FinderまたはiCloudに同期したことがない場合は、このオプションが適しています
  • iTunesがデバイスを認識しない場合は、このオプションを試すか、デバイスがリカバリモードであることを示すメッセージが表示された場合

  • 回復モードを起動する方法については、この記事の手順に従ってください
  • デバイスが回復モードになったら、デバイスを復元する必要があります(これにより、パスコードを含むすべてが再び消去されます)
  • 15分たってもデバイスが復元されない場合は、復元プロセスをもう一度実行してください。
  • 次に、iTunesまたはiCloudのバックアップからデバイスを復元します