iOS 10.3のインストール中にエラーが発生しました、修正方法

iOS 10.3.3のアップデートがリリースされたため、多くのユーザーがiPhoneとiPadをアップデートしています。 iOS11をインストールする場合は、代わりにこの記事を参照してください。 残念ながら、一部のユーザーには「アップデートをインストールできません– iOSのインストール中にエラーが発生しました」というメッセージが表示されます。 あなたがこのメッセージを受け取っているこれらの数少ない不運なユーザーの1人である場合は、この問題に取り組むためのヒントについて、この記事を読み続けてください。 以前のアップデートでこのエラーを以前に経験したことはないかもしれませんが、世界中の多くの人々が同時にアップデートしようとしているため、iOSリリースの初期にはそれほど珍しいことではありません。 場合によっては、忍耐が必要なだけです。数時間待ってから、もう一度試してください。

関連記事

  • iPhoneまたはiPadへのiOS 11のインストール中にエラーが発生しました、修正方法

Apple IDが必要です!!

Apple IDを忘れた場合は、Apple IDの認証情報(IDとパスワード)を取得するまでiOS 10.3.2に更新しないでください。更新後、更新後にApple IDが必要になります。 アップデート後、Hello画面が表示され、スワイプしてアップグレードを完了します。 次に、インストールを完了するためにApple IDパスワードの入力を求められます。 パスワードがわかっている場合は、パスワードを入力してiDeviceのロックを解除してください。 ただし、Apple IDまたはパスワードを忘れた場合、または知らない場合は、このiOSアップデートに進む前にiforgot.apple.comでリセットする必要があります。

とにかく、このiOS 10.3-10.3.3アップデートは何ですか?

まず最初に、iOS 10.3で、Appleはまったく新しいファイルシステムを導入します。 iPhoneとiPodの登場以来Appleが使用していたほぼ30年前のファイルシステム(HFSおよびHFS +と呼ばれる)は、Apple独自のApple File System(APFS)に置き換えられています。 iOS 10.3アップデートをインストールする前に、iCloudとiTunesの両方でデバイスをバックアップすることを強くお勧めします。

本当にバックアップが必要ですか?

インストール中に問題が発生した場合、iDeviceを正常な状態に戻すためのバックアップがあります。 バックアップを使用すると、古いデータをすべて回復できます。 つまり、iCloudとiTunesの両方を使用して、iDeviceをバックアップする価値があります。 バックアップ方法の詳細については、iDeviceの完全バックアップを実行する方法を示す完全なステップバイステップガイドを参照してください。

iOSを更新する前に

iPhoneまたはiPadが電源に接続されている(推奨)か、アップグレード中に十分に充電されていることを確認してください。 よくわからない場合は、アップグレードする前にデバイスを充電するか、プラグを差し込んでからアップデートしてください。

iOS 10.3.3のインストール中にエラーが発生:ハウツー修正

バックアップが完了したので、このインストールエラーに取り組みましょう。 iDeviceのOTA(無線)アップデートを実行中にこのエラーが発生したユーザーの場合、最善の方法は、iOS 10.3-10.3.3をインストールするときにiTunesを使用することです。

iTunesの大ファンではない場合は、以下のヒントを試して、OTAを使用して問題なくiPhoneがこの最新のiOSに更新されるかどうかを確認してください。

ヒント1 – AirPlaneモードを切り替える

[設定]> [機内モードを有効にする]をタップします。 iPhoneの電源を切ります。 10秒ほど経過したら、電源を入れて、機内モードを無効にします。 次に、[設定]> [一般]> [ソフトウェアの更新]を使用して、通常どおりにiPhoneを更新してみます

ヒント2-ネットワーク設定を更新する

OTA経由で更新すると、あまりにも馴染みのある「インターネットに接続されていません」というエラーが表示される場合、次の2つのことが問題の解決に役立つことがあります。A)iPhoneのネットワーク設定のリセットとB)WiFiのDNS設定を8.8.8.8に変更。 試して、問題が解決するかどうか確認してください。

ヒント3 –強制的に再起動する

一部の読者は、このメッセージが表示された場合、または更新が失敗した場合に、強制的に再起動した後に更新を再初期化するとうまくいくと述べています。 iDeviceに応じて、強制的に再起動する方法はいくつかあります。

iPhoneモデルで強制再起動を実行する方法
  • iPhone 6S以下とすべてのiPadおよびiPod Touchで、Appleロゴが表示されるまでHomeとPowerを同時に押します。
  • iPhone 7またはiPhone 7 Plusの場合:Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンとボリュームダウンボタンの両方を10秒以上押し続けます。
  • iPhone XまたはiPhone 8またはiPhone 8 Plusの場合:音量大ボタンを押してすぐに離します。 次に、音量小ボタンを押してすぐに離します。 最後に、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

ヒント#4 –設定アプリを閉じる

設定アプリを更新するだけで十分です。 ホームボタンをダブルタップし、スライドして表示がなくなるまで設定アプリを上にスワイプします。 次に、もう一度[設定]をタップし、[一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動します。 更新を再度インストールしてください。

この時点で成功しない場合は、iTunesを使用して更新を進めることが最善の策です。

ヒント5 -iTunesで更新するときにShiftキーを追加してみる

OTAアップデート後にアップデートの問題またはその他の問題/エラーが発生した場合は、iTunesに接続し、Shiftキーを押しながらUPDATEをクリックします。 この方法では、データを失うことなく、 iTunes経由でiOS 10.3.3をインストールします。

失敗したiOS更新ファイルを削除する

アップデートをワイヤレス(OTA)でインストールしようとした一部のユーザーの場合、ソフトウェアアップデートがiPhoneのストレージに残っている可能性があります。 以下のiTunesの手順に進む前に、iPhoneからOTAバージョンを削除してください。 この問題を確認するには、[設定]> [一般]> [ストレージとiCloudの使用状況]をタップします。

失敗したiOS更新ファイルを確認するには

  1. [設定]> [一般]> [ストレージとiCloudの使用]をタップします
  2. 上部の[ストレージ]セクションで[ストレージの管理]をタップします。 (iCloudにはありません)。 次の画面で、下にスクロールします
  3. 次の画面で、アプリのリストまで下にスクロールし、新しいiOS 10.3アップデートがリストされているかどうかを確認します。 その場合は、それをタップして削除します。 このアクションにより、iDeviceからアンパックされたOTAが削除されます

解凍したiOSアップデートをiPhoneから削除する手順は、iTunesの手順に進む前に重要です 。 これを迂回するユーザーは、iOSアップデートを再度確認すると、「アップデートが見つかりません」というエラーが発生する可能性があります。

また、iTunesが更新されていない場合は、iTunesを終了してコンピュータを再起動し、iDeviceを再起動することを忘れないでください。

iPhone 5、5C、または第4世代iPadの更新に関する問題?

AppleがiOS 10.3.2アップデートがiPhone 5以降、iPad 4世代以降、iPod touch 6世代で機能すると主張しているにもかかわらず、一部の読者はiPhoneモデル5、5C、および第4世代iPadのアップグレードに関する問題を報告しています。 [設定]> [一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動してOTA経由でiOS 10.3.2にアップグレードすると、iPhoneにはアップデートは必要ないと表示されます。 具体的には、アップグレードを確認するときに現在のiOSが最新であると書かれています。 他の読者によると、iPhone 5、5C、5Sモデルは、何度も試して、削除して再ダウンロードしても更新されないという。 それでも、以前のモデルのiPhoneを使用している他のユーザーは、自分の電話がソフトウェアの検証で行き詰まり、最終的には更新せずにシャットダウンして再起動すると報告しています。

iPhone 5または5C(またはサポートされている他のモデル)で同じ結果が得られる場合は、iTunesを使用してiPhoneを更新し、それが機能するかどうかを確認してください。 または、さらに数日待つと、iDeviceの設定にOTA更新の更新が表示されます。 iPhone 5および5Cの所有者はすべて、iDeviceを更新できる必要があります。

32ビット対応のOTAアップデートが公開されていることがわかっている場合は、ホームボタンと電源ボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けて、ハードリセットを実行します。 このアクションにより、iOSのアップデートが古いiPhoneに表示されるようになる場合があります。

32ビット時代の終わり?

第4世代のiPadおよびiPhoneモデル5および5Cは、32ビットiOSアーキテクチャを使用しています。 これらは、A6システムオンチップを使用する最後のiDeviceであり、最後に32ビットアーキテクチャで構築されました。 すべての新しいiOSバージョンとiDeviceハードウェア(2013年以降)は64ビットです。 したがって、32ビットバージョンは、OTA(無線)更新用の64ビットバージョンよりも後にリリースされます。 ただし、iPhone 5Cの所有者は、自分の電話をiTunesに接続してそこからアップデートするだけで、iOS 10.3.2アップデートにすぐにアクセスできます。

iOS 10.3.1から10.3.3には、32ビットアプリを開くときの警告も含まれており、「このアプリはiOSの将来のバージョンでは動作しません」と通知されます。 さらに、iOS 11の最新の開発者向けリリースでは、32ビットハードウェアがサポートされなくなりました。 iPhoneの10周年を記念する最新のiOSメジャーバージョン(iOS 11)が今年後半に到着すると、すべての兆候は32ビットの陳腐化を示しています。

iTunes経由でiOSを更新する

  • ケーブルを使用して、iTunesを実行しているコンピュータにiPhone / iPadを接続します
  • MacまたはWindows PCが最新のiTunesを実行していることを確認します
  • iTunesを開き、左側のパネルからデバイスを選択します
  • [アップデートを確認]をクリックします。 新しいアップデートを見つける
  • 最後に、[ダウンロードして更新]をクリックします

iTunesとアップデートの問題?

iTunesに問題があり、バックアップが破損しているというメッセージが表示される場合は、この問題に関する詳細な記事をチェックして、正常に機能するようにするためのヒントを確認してください。

アップデートの確認で立ち往生?

アップデートを試みて、iDeviceが15分以上確認に閉じ込められて失敗するまですべてが問題なく見えた場合は、以下を試してください。 上記の削除に失敗した更新セクションに記載されている手順を使用して更新を削除し、デバイスを再起動してから、iTunes(推奨)またはiCloudを使用して更新を再試行してください。 多くの人にとって、2番目の試みはうまくいったトリックです!

他の読者は、Appleロゴが表示されるまで、電源とホーム(機械式ホームボタンの場合)または音量を押し続けてハードリセットを行うことに成功しています。 その後、ダウンロードしたアップデートをインストールします。

iOS 10.3.1 – 10.3.3が電池を消耗するアップデート

多くの読者は、10.3.1と10.3.2にアップデートしてから、iPhoneや他のiDeviceの消費電力がさらに積極的になっていると報告しています。 特に、ランチタイムまでにiPhoneがバッテリー寿命の50%以上を使用し、ディナータイムの前に充電する必要があることを知らないユーザーもいます。 バッテリーの問題は、iPhoneユーザーにとってはあまりにも馴染み深いものです。 これらの流出の問題は、2016年9月にiOS 10がリリースされて以来、iPhoneユーザーを悩ませてきました。

残念ながら、ここには一貫した修正はありません。 ただし、一部のユーザーは、スマートフォンの電源が切れるまで iPhoneのバッテリーを完全に消耗させ、 充電中にスマートフォンを使用せずに完全に充電すると成功したと報告しています。 うん、それはかなり不便です。

  • 10.3.3にアップデートした後、私のiPhoneはメイン画面に戻り、最新の状態であると同時に、アップデートがあったことを通知し続けていました。 変更なしで2回再起動したため、3回目の起動後も機内モードに切り替えてWiFiをオンにしました。 最後に、すべてがコーシャでした。
  • 10.3 Verifying Update Messageに2回行き詰まったとき、WiFiをオフにし、LTE Dataとbangで確認したところ、すべてが数分で完了しました。 だから、あなたのモバイルデータ接続を介して確認してみてください。 それは私のために働いた。 覚えておいてください、これはダウンロードではなく確認メッセージのためです!
  • WiFiをオフにしてから、モバイルデータをオンにします。 [設定]> [一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動し、iOSアップデートを見つけます。 見つかったら、この更新ウィンドウを開いたままにし、コントロールセンターを上にスワイプして、WiFiを再度オンにします。 WiFiに接続すると、最終的に更新できるようになります
  • 自分または知り合いがパーソナルホットスポットを持っている場合は、そのホットスポットに接続し、WiFiではなくBluetooth経由でアップデートをダウンロードします。
  • これは私にとってうまくいきました:WiFi経由で更新をダウンロードし、[今すぐインストール]ボタンが表示されたら、データに切り替えて更新を確認します。 そこから正常に更新されます
  • iOSを最新バージョンに更新するときは、SIMカードを取り外してみてください。 SIMがインストールされていると、更新に問題がありました。 それで私はSIMカードを取り外して、それからWifi経由で私のiPhoneをアップデートすることができました。 WIFIのみ(OTA-無線)ITUNESではありません。 ただし、iPhoneがアクティブ化されておらず、iPhoneを構成していない場合、SIMカードがないと、電話機は構成プロセスを進めることを拒否します。 ( Appletoolboxは注意して続行することをお勧めします。iPhoneでSIMを使わずにアップデートすることはあまり経験がありません。このアクションを実行する前に携帯電話会社に確認してください。)
  • 私のために働いた唯一のことは、iOS10.3を使用してiTunesでiPadを回復することでした。 更新ボタンを選択するときにAltキーを押したまま、手動で回復するファームウェアを選択します。 次に、バックアップからiDeviceをセットアップします
  • ダウンロードが破損している可能性があります。 削除して再度ダウンロードし、機能するかどうかを確認します。 そうでない場合は、iTunesで更新するか、別のWiFiネットワークを使用してください。 設定>一般>ストレージとiCloudの使用>ストレージ>ストレージの管理。 アプリのリストが読み込まれます。 ダウンロードしたiOSソフトウェアをリストからタップし、次の画面で削除をタップします
  • Apple IDの設定で2要素認証が関係している可能性があります。前回のiOSアップデートと今回のiOS更新の間に2要素認証を行いました。 このディスカッションフォーラムで検索を行うために私のApple IDにログインするまで、10.3.1アップデートで同じ問題が発生していました。 すると、6桁のコードがiPhone 6sに送信されました。 これをSafariブラウザーに入力すると、Safariブラウザーを信頼するように求められました。 その後、iPhone 6sで10.3.1アップデートを実行することができました。 それが役に立てば幸い

要約

上記のヒントと手順がiOS 10.3アップグレードの問題の解決に役立つことを願っています。 新しいiOSがリリースされると、Appleのサーバーが遅くなり、機能させるために数回アップデートを試す必要がある場合があることに注意してください。 ここをクリックすると、アップルのサーバーのステータスをいつでも確認できます。