Exchangeアカウント:情報を確認できません。 直す

iPhoneまたは別のiDeviceをExchangeアカウントに同期しようとすると、「 情報を確認できません 」というエラーが表示されますか? Exchangeは古いiPhoneやiPadで動作していましたが、最新のiOSに更新した後、動作しなくなりましたか?

さて、あなたは一人ではありません。 一部の読者は、iPhone、iPod touch、またはiPadで仕事用のメールを設定し、iOSデバイスをExchangeサーバーと同期しようとすると、このエラーメッセージが表示されると報告しています。 他の読者には、「 Exchangeがサーバーを確認できない 」というわずかに異なるエラーが表示されています 。 これらのエラーのいずれかが発生している場合は、これらのヒントを試して、うまくいくかどうかを確認してください。 一度にすべてではなく、一度に1つずつ試してください。

:資格情報が正しいことを確認してください。 確認するには、Webアクセスにアクセスして資格情報を確認してください。 たとえば、Outlook Web Appを使用してアカウントにサインインし、ヘルプの疑問符の横にあるドロップダウン矢印をクリックしてから、[バージョン情報]をクリックしてサーバー名を確認します。

Office365を使用している場合、ユーザーのメールボックスでExchange Activesyncを無効にしてから再度有効にすると、この問題が解決することがよくあります。

  • (アプリではなく)Webブラウザーを使用してアカウントに新しいパスワードを作成する
  • Exchangeアカウントを削除して追加し直す
  • モバイルデータを使用してWiFiをオフにする
  • ユーザー名にドメイン名+ /を追加します
  • SSLをオフにする
  • 交換パスワードを変更する
  • ネットワーク設定をリセット

とにかく、Exchangeアカウントとは何ですか?

エクスチェンジアカウントは、組織向けのメールベースのコラボレーティブコミュニケーションサーバーです。 メール、連絡先、カレンダー、その他の機能を同期するために、IMAPと似ているが同じではない同期スタイルを使用します。 Exchangeの同期機能は「Exchange ActiveSync」と呼ばれます。 また、Exchangeに使用される最も一般的な電子メールクライアントは、MicrosoftのOutlookです。

Outlook.comにアクセスします

  • outlook.comにアクセスし、セキュリティ設定でアプリパスワードを生成します

Active Directoryを確認する

Reader Daveはすばらしいヒントを提供しています。確認するもう1つの場所はActive Directoryです。 会社で「ログオン先…」を使用している場合。 [アカウント]タブのセキュリティオプションで、ユーザーがメールサーバーにアクセスする権限を持っていることを確認してください

接続をオンまたはオフに切り替え

  • 機内モードのオンとオフを切り替える
  • WiFiをオフにして、モバイルデータを使用してアカウントを追加してください

ドメインを見る

  • 「ドメイン」フィールドは必要ない場合があります。 空白のままにして、もう一度お試しください
  • ユーザー名については、ドメイン名を最初に追加します(例:ドメイン名/ユーザー名)
    • ドメイン名+ /(スラッシュ)という形式を使用していることを確認してください。一部のユーザーはドメイン名+ \(バックスラッシュ)を使用していますが、機能しません。

SSLをオフにする

  • [設定]> [アカウントとパスワード](以前のiOSの場合:メール)> [アカウント]> [Exchangeアカウント]> [アカウント]> [詳細設定]に移動します 。 SSLの使用をオフにする

エラーメッセージで[OK]をタップします

  • 既存のアカウントを削除
    • アカウントの詳細をもう一度入力してください
    • 「確認できません」というポップアップメッセージが表示されたら、[OK]をタップしてこのアカウントを追加します
    • [設定]> [アカウントとパスワード] (以前のiOSの場合:メール)> [Exchangeアカウント]> [アカウント]をタップし、 [ SSLを使用]をオフにして[完了]をタップします

アカウントのサーバー情報を手動で入力する

  1. エラーメッセージで[OK]をタップします
  2. [保存]をタップします(これを3回行う必要がある場合があります)
  3. Exchangeエリアで、アカウントの横にあるメールアドレスをタップします
  4. メールアドレスとサーバーアドレスを入力してください
    1. ドメインを空白のままにします
  5. ユーザー名(通常はメールアドレス)を入力します
  6. パスワードを入力してください
  7. 完了をタップします

パスワードを短くシンプルにする

  • メールパスワードが長すぎる可能性があります。 パスワードを短いパスワードに変更して、もう一度お試しください
  • パスワードの有効期限が切れているか、古くなっている可能性があります。 新しいパスワードを作成してください
    • パスワードに特殊文字を含めないでください

雇用主VPNを使用していますか?

  • 会社がExchangeサーバーにアクセスするためにVPNを必要とする場合は、IT部門に問い合わせてください

リーダーのヒント

  • [設定]> [モバイルデバイス]の下にあるoffice365サーバーのiPhoneでエントリを削除することで解決しました。 その後、iPhoneを再起動してエクスチェンジのメールアカウントを再作成しました
  • (アプリではなく)Webブラウザーを使用してOffice 365アカウントに移動し、次の手順に従います。
    • マイアカウント>セキュリティとプライバシー>追加のセキュリティ検証
    • [アプリパスワードの作成と管理]を選択します
    • [作成]をタップして新しいアプリパスワードを作成します
    • Office 365はアプリ専用の新しいパスワードを生成します
  • WiFiを無効にし、モバイルデータネットワークを使用してExchange Serverに接続し、この問題を解決します
  • この問題が発生したので、[設定]> [メール]> [アカウント]に移動して問題のあるアカウントを選択しました。 次に、[詳細設定]を選択し、[受信設定でSSLを使用する]チェックボックスをオフにします
  • パスワードをシンプルなものに変更したところ、最初の試行でiPhoneが接続できました
  • [設定]> [一般]> [リセット]> [ネットワーク設定のリセット]に移動します。 リブート。 Exchangeをお試しください。 これは私にとってはうまくいき、WiFiやSSLをオフにする必要はありませんでした
  • Outlookのセキュリティ設定で2段階認証を無効にする
  • デフォルトのアカウントを、問題のあるメールアカウントに変更します。 [設定]> [メール]に移動して、[デフォルトのアカウント]までスクロールします。 これを、問題が発生しているメールアカウントに更新します
  • Safariを起動し、サーバーアドレスのhttps URLに移動します。 セキュリティ警告が表示されます。 詳細を選択し、右上隅にある[信頼]をクリックします。 Safariを閉じて、もう一度メールウィザードを実行するか、アカウントが既に保存されている場合はパスワードを再入力します。 これで、このサーバーで続行を押すオプションが表示されます
  • 問題が発生しているメールアカウントを削除します。 次に、[設定]> [メール]> [アカウント]に戻り、そこにある別のメールアカウントをクリックます。 そのアカウントをタップしてから、送信メールサーバーをタップします。 送信メールサーバーにアクセスしたら、最初の手順で削除したメールをタップし、下にスクロールして[サーバーを削除]をクリックします。 最後に、メールアカウントを追加すると、[続行]がポップアップして[サーバーの確認]が表示されます
  • ジョンは次の手順で成功しました(正確にフォローしてください)。
    • エクスチェンジアカウントを追加
    • メールアドレスではなく、取引所からのエイリアスメールを追加します(つまり、[メール保護])
    • Office365の管理センターでこれを見つけてください。 次に、検証できません…と表示されます。 しかし、別のボックスを提供します
    • ここにメールアドレスを入力してください[メールは保護されています]

Exchangeアカウント設定で次のように設定します

  1. メール:ユーザーの通常の完全なメールアドレス
  2. サーバー:完全な名前(mail.servername.com)
  3. ドメイン:ドメイン名を入力してください
  4. ユーザー名:完全なメールアドレスではなく、ここに短い名前を入力してください(@____。comの前)
  5. パスワード:ユーザーのパスワード
  6. SSLをオンにし、S / MIMEをオフにする