FaceTimeアクティベーションエラー:「サインインできませんでした。アクティベーション中にエラーが発生しました。 もう一度お試しください」、修正

FaceTimeをアクティブにしようとすると、次のエラーが表示されるという報告があります 。 多くの場合、FaceTimeのアクティブ化には24時間かかるため、トラブルシューティングを行う前に、少なくとも1日待ってください。 24時間後もFaceTimeがアクティブ化されない場合、またはこれらのタイプのエラーが引き続き発生する場合は、次の手順に従ってください。

FaceTimeアクティベーションエラーの修正

アップルのシステムステータスサイトを見てください

Appleのシステムステータスページで、FaceTimeに影響を与えるサーバーの問題を確認してください。 緑色で表示されている場合、すべてが正常に動作するはずです。 ただし、FaceTimeが黄色で表示されている場合は、Appleが現在取り組んでいるサーバーに既知の問題があります。

一部の設定を確認する

  1. WiFiまたは携帯電話データネットワークに接続します。 すべてのiPhoneでは、iMessageとFaceTimeの両方で電話番号をアクティブにするためにSMSメッセージングが必要です
  2. [設定]> [一般]> [日付と時刻]に移動し、[自動設定]を選択します
  3. ネットワーク設定をリセットします。 [設定]> [一般]> [リセット]に移動し、 [ネットワーク設定のリセット]を選択します。 このアクションは、すべての保存済みネットワークの保存済みIDとパスワードを削除します。 このステップは、IDとパスワードがわかっている場合にのみ実行してください。

Apple IDを確認する

Apple IDとパスワードが正しいことを確認してください。 電子メールアドレスまたは単にユーザー名であるApple IDを使用していますか? iPod TouchのFaceTimeには、実際には電子メールアドレスとしてフォーマットされたApple IDが必要であるため、IDが単純なユーザー名(@記号がない場合)の場合は、電子メールアドレスに変更する必要があります。メールアドレスを使用するか、FaceTimeに別のApple IDを使用/作成します。

すべてのユーザー名のメールアドレスは、Apple IDサイトにアクセスして確認する必要があります。 Apple IDがメールアドレスでない場合は、そこで変更してください。 この記事では、Apple IDを変更する方法について説明します。

サインアウトとバックイン

[設定]> [FaceTime]に移動して、オフにします。 デバイスを再起動し、 [設定]> [FaceTime]に戻ってオンに切り替えます。 Macの場合は、[ FaceTime]> [設定]> [設定]に移動し 、[サインアウト]をクリックします。 Macを再起動し、 FaceTime>設定>設定に戻り、サインインをクリックします。

Apple IDアカウントページで使用したものと同じApple IDでサインインしていることを確認してください。

別のDNSを試す

一部のユーザーは、DNS設定をGoogleのパブリックDNSに変更すると報告しています。 8.8.8.8、8.8.4.4で FaceTimeのアクティベーションの問題が修正されました。 GoogleパブリックDNS IPアドレスは、8.8.8.8および8.8.4.4です。

DNSを更新したら、シャットダウンしてからデバイスまたはMacの電源を入れます。 次に、FaceTimeを再試行します。

DNSを変更する方法の詳細については、この記事を参照してください。

FaceTimeおよびiMessageアカウントにブロックまたはスロットルがあると思いますか?

iMessageとFaceTimeが利用できない理由は、バックエンドのスロットルまたはブロックが原因である場合があります。

アカウントが何らかの方法でハッキングされているとAppleが疑う場合、彼らはアカウントにフラグを立て、これらのサービスへのアクセスをブロックまたは抑制しました。

そのようなことが疑われる場合は、すぐにAppleに連絡してください!

位置情報サービスを有効にします

位置情報サービスがオンになっていることを確認してください。 [設定]> [プライバシー]> [位置情報サービス]に移動し、これがオンになっていることを確認します。 そうでない場合は、位置情報サービスをタップしてこの機能をオンに切り替えます。

Macの場合、 [システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [プライバシー ]タブに移動し、[位置情報サービスを有効にする]チェックボックスをオンにします。

MacでのFaceTime Activationの追加修正

    1. ファイアウォールの内側でFaceTimeを使用している場合は、このAppleサポート記事を参照してください。 サードパーティのファイアウォールまたはマルウェアソフトウェアを無効にしてから、FaceTimeを再試行する必要がある場合があります。
    2. NVRAMをリセットします。 NVRAMに保存されている設定により、FaceTimeのアクティベーションで問題が発生する場合があります。 Macをシャットダウンしてから電源を入れ、オプション、コマンド、P、Rの4つのキーを押しながら、Macが再起動しているように見えるまで(または2回目の起動音を鳴らすまで)押し続けます。

    3. SMCのリセット
      1. デスクトップの場合:シャットダウンします。 電源コードを抜きます。 15秒待ちます。 電源コードを再び差し込みます。5秒待ってから、電源ボタンを押してMacの電源を入れます
      2. MacBooksの場合:シャットダウンします。 コンピュータから電源アダプタを取り外します。 内蔵キーボードを使用して、キーボードの左側にあるShift-Control-Optionを押してから、同時に電源ボタンを押します。 これらのキーと電源ボタンを10秒間押し続けます。 電源アダプタを再接続します。 電源ボタンを押してMacBookを起動します
    4. 一部のユーザーは、Peer Guardianがバックグラウンドで実行されていると述べています。 無効にすると、FaceTimeを使用できるようになりました
    5. 米国の一部のユーザーは、別の場所に行ったか、購入してそこでアクティブ化したストアに戻ったと報告しています。 これはファイアウォールの問題である可能性があります

キーチェーンを見てください

  1. iCloudキーチェーンを無効にします。 システム環境設定> iCloudに移動し、キーチェーンオプションをオフにして、iCloudキーチェーンの使用を一時的に停止します
  2. キーチェーンアクセスを開く([ アプリケーション]> [ユーティリティ]
    1. 「ID」を含むアイテムを検索します。これらはすべて、アプリケーションパスワードとして「種類」の下に表示されます。
    2. キーチェーンからそれらのアイテムを削除します
    3. FaceTimeを含むアイテムを検索し、それらを削除します
    4. iMessageを含むすべてのアイテムに対して同じことを行います
      1. 特に、次の2つを探します。iMessage署名キーとiMessage暗号化キー-2つしかない場合もあれば、多くある場合もあります(一部の読者は数百に及ぶことに気づきます)。
      2. それらをすべて削除

    5. Macを再起動します
      1. 再起動後、macOSはiMessage暗号化用の新しいキーペアを要求および生成します
    6. iMessageまたはFaceTimeにもう一度歌ってみてください
  3. または、ログインキーチェーンをリセットしてみてください: Finder>ユーティリティ>キーチェーンアクセス>キーチェーンアクセスメニュー>設定>デフォルトのキーチェーンリセットして 、コンピューターを再起動します
    1. 警告! キーチェーン パスワードを保存する場合 、これらの手順を実行すると、保存されているすべてのパスワードと情報が消去されます。 だから慎重に進んでください

ターミナルをお試しください!

ターミナルを使用して古いデータをクリアすると、iMessageとFaceTimeが再び機能するようになります。 何をする前に、Time Machineまたは選択したバックアップ方法でMacをバックアップしましょう。 転ばぬ先の杖!

ターミナルセッションを開く

  1. このコマンドを正確に入力してください:sudo rm /Library/Preferences/com.apple.apsd.plist
  2. Returnキーを押してコマンドを実行します
  3. ターミナルを終了
  4. Macを再起動します
  5. iMessageまたはFaceTimeを開いて、もう一度サインインしてみてください

それでもこのメッセージが表示される場合は、Macでこの特定のエラーを処理する方法に関する詳細な記事をご覧ください。