iTunesまたはFinderおよびターミナルを使用してiPhoneを外部ドライブにバックアップする方法

Macの空き容量が不足していて、iPhone、iPad、またはiPodのバックアップをMacの内蔵ドライブではなく外部ドライブに移動したいですか? iPhoneを外付けドライブにバックアップできるかどうか疑問に思っていますか?

まあ、良いニュースはそれが確かに可能であることです。 iTunesまたはFinderアプリを使用して、ストレージの場所を今すぐ変更する方法を学びましょう!

これらの簡単なヒントに従って、iTunes iPhoneバックアップを外部ドライブに移動します

  • macOS Mojave以降の場合は、 [システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [プライバシー]で 、ターミナルユーティリティにフルディスクアクセスを許可してください。
  • 外付けドライブのルートディレクトリにMobileSyncという名前のフォルダーを作成します。
  • FinderアプリまたはiTunes iDeviceバックアップフォルダー(MobileSync)を外部ドライブにコピーし、内部フォルダーの名前を変更します
  • 次のコマンドを使用して、ターミナルから外部ドライブの新しいiTunesバックアップフォルダへのシンボリックリンクを作成します。
    • ln -s / Volumes / [外部ドライブの名前] / MobileSync / Backup /〜/ Library / Application \ Support / MobileSync
  • macOS Catalina +のFinderアプリの場合は、ターミナルで同じコマンドを使用しますが、「 バックアップ という単語と (ユーザーライブラリのチルダ記号)の間に2つのスペースを追加すると、次のようになります。
    • ln -s / Volumes / [外部ドライブの名前] / MobileSync / Backup / 〜/ Library / Application \ Support / MobileSync

いつでもiCloudにバックアップできます。バックアップすることをお勧めします。 ただし、iTunesまたはFinderを介して別の場所にバックアップすることもお勧めです。

可能性としては、iPhoneやその他のiDeviceが、Appleが無料で提供している5GB iCloudアカウントよりも大きい場合があります。 iCloudアカウントを50GBでUSD .99 /月(USD 11.88 /年)から始まるより大きなプランにアップグレードできます。

しかし、外付けハードドライブにある空き領域をすべて活用して、代わりにiPhone、iPad、または別のiDeviceをバックアップしてみませんか? あるいは、無料または有料のiCloudアカウントに加えて、外付けドライブを使用してください。

Apple ToolBoxでは、常にiDevicesの複数のバックアップをとることをお勧めします。 理想的には、少なくとも2つのバックアップが必要です。1つはクラウド上で、もう1つは内部または外部ドライブ上です。

すべてのアプローチの中で最も良いのは、2つのローカルクラウドと2つのクラウドを用意することです。

どうして? 人間のように、物事はバラバラになって失敗し、危機が発生し、災害が発生します。 そこで、2X2をバックアップすることで、積極的に行動し、目を見張るようなアプローチをとりましょう。

iTunesまたはFinderアプリでiPhoneをバックアップする

私はいつもiPhoneとiPadをiTunes経由でローカルにバックアップし、macOS Catalina +を実行しているMac用のFinderアプリを使ってバックアップしています。 しかし、バックアップに使用するフォルダーを決定することができないのは、私を夢中にさせます。

そして、私はそれを制御することができないので、それを外部ドライブに保存するオプションがありません。 そして、それはちょうど私をバガーにしてしまう!

もちろん、バックアップするたびにバックアップフォルダーを見つけて外部HDにドラッグすることにより、iTunes / Finderバックアップを手動でバックアップできます。

しかし、なんという痛みでしょう。 もし私がそうであるように、あなた自身が十分にイライラしているのに気づいたら、Apple Terminalがここで助けになります。

それでは始めましょう!

macOS Mojave以上を使用していますか?

macOS Mojaveでターミナルを使用する前に、管理設定を変更するための完全なアクセス権をターミナルに付与する必要があります。

この新しいプロセスは、アップルがmacOSのセキュリティレベルを変更したためです。

アプリ(またはターミナルなどのユーティリティ)にフルディスクアクセスを許可すると、OSはそれを、機密データやシステムデータを安全に操作できると判断したアプリケーションの「ホワイトリスト」に追加します。

端末にフルディスクアクセスを許可する方法

  1. [ システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [プライバシー]タブを開きます
  2. 左側のサイドバーから[ Full Disk Access]を選択します
    1. 変更できない場合は、ディスクのロックを解除し、必要に応じて管理者パスワードを入力してください
  3. +記号をタップして、フルアクセスで承認済みアプリにターミナルを追加します

ターミナルへのフルアクセスを許可したら、ターミナルを再起動します。 この時点で行ってください。

iPhoneバックアップを外部ドライブに設定する方法

1.外付けドライブを開き、バックアップ用の新しいフォルダーを作成します。 MobileSync、または「MyiPhoneBackUp」などの覚えやすい方法で名前を付けます。 一部のmacOSユーザーは、これを機能させるために、そのフォルダーにMobileSyncという名前を付ける必要がありました!

2. [ファイル]> [新しいFinderウィンドウ]またはCommand-Nで新しいFinderウィンドウを開きます

3. [移動] > [フォルダに移動]またはCommand + Shift + Gで[フォルダに移動]を選択します

4.表示されたボックスに「 〜/ライブラリ/ Application Support / MobileSync /」と入力し、[移動]を選択します

5. 「バックアップ」という名前のフォルダを探します

6. 「バックアップ」フォルダーを、ステップ1で作成した外部ドライブ上のフォルダーにドラッグします。

7.元のバックアップフォルダー(内部ドライブにあるフォルダー)の名前を「BackupOld」に変更します(ここにあります:〜/ Library / Application Support / MobileSync /)。

8.ターミナルを起動します([アプリケーション]> [ユーティリティ])。

9.次のコマンドを入力します。 「ExternalDriveName」を外部ドライブの正確な名前に置き換え、 「MobileSync」または「MyiPhoneBackUp」を手順1で作成したフォルダーの名前に置き換えます: ln -s / Volumes / ExternalDriveName / MobileSync /バックアップ/〜/ライブラリ/ Application \ Support / MobileSync

  • macOS Catalina +のFinderアプリの場合は、ターミナルで同じコマンドを使用しますが、「 バックアップ」 (ユーザーのチルダ記号)の間に2つのスペースを追加するため、次のようになります。
    • ln -s / Volumes / [外部ドライブの名前] / MobileSync / Backup / 〜/ Library / Application \ Support / MobileSync

10. Returnキーを押します

11.リンクがによって確立されたことを確認します

  • [移動] > [フォルダに移動]またはCommand + Shift + Gで[フォルダに移動]を選択します
  • 表示されるボックスに次のように入力します: 〜/ Library / Application Support / MobileSync /
  • [モバイル同期]ウィンドウの[バックアップ]フォルダーへのショートカット(シンボリックリンク)が表示され、外部ドライブの[バックアップ]フォルダーへのリンクが確立されていることがわかります。 手順7で作成したBackupOldフォルダーも表示されます。

12. iTunesを開き、iOSデバイスを接続して、以前と同じようにバックアップ場所として「 このコンピュータ 」を選択して通常どおりにバックアップします。

13. [ 今すぐバックアップ ]ボタンを選択します

14.すべてがうまくいけば、バックアップファイルは指定した外部ドライブにあるはずです。 実際にそこにあることを確認します。

これを数回テストすることをお勧めします。 また、複数のiPhone、iPad、またはiPodをお持ちの場合は、それらすべてを外付けドライブにバックアップしてみてください。

これ以降、iTunesまたはFinderはiDevice(s)を外部ドライブにバックアップするので、バックアップを実行する前に、必ずiDeviceをコンピュータに接続してください。

外部ドライブが接続されていない場合、バックアップは失敗します。 また、バックアップからデバイスを復元する必要がある場合は、この外部ドライブを接続する必要があります。

古いバックアップフォルダーを削除するタイミング

FinderまたはiTunesがiDeviceをその外部ドライブにバックアップしていることを確認したら、数日または数週間待ってから「BackupOld」フォルダーを削除して、すべてが期待どおりに機能していることを確認することをお勧めします。

古いバックアップフォルダを削除する前に、iDeviceを数回バックアップし、それらのバックアップを確認することが重要です。 確認したら、先に進んでそのBackupOldフォルダーを削除し、Macのスペースを節約します。

古いバックアップフォルダーがユーザーライブラリにあることに注意してください: 〜/ Library / Application Support / MobileSync /

ターミナルで「操作は許可されていません」というエラーが表示されますか?

ターミナルコマンドが機能しない場合は、ターミナルアプリにフルディスクアクセスを許可する必要があります。 ターミナルにこのアクセス権を与える方法については、上記のセクションまたはこの記事を参照してください。

バックアップを内蔵ドライブに戻す方法

何らかの理由で内部ドライブのバックアップに戻りたい場合、それはかなり簡単なプロセスです

1.バックアップショートカットを削除する(シンボリックリンク)

2.バックアップフォルダーを外部ドライブからユーザーライブラリの場所にコピーします: 〜/ Library / Application Support / MobileSync /

外付けドライブへのバックアップが機能しない?

iPhoneまたは他のiDeviceバックアップの保存場所を変更できない場合は、別のオプションがあります。

ターミナルを使用する代わりに、iTunesが作成した後、手動でFinderまたはiTunesバックアップファイルを外部に移動します。

このバックアップファイルを移動すると、iTunesとFinderはそれを表示せず、毎回まったく新しいバックアップファイルを作成することに注意してください。

次の場所でiTunesとFinderのバックアップファイルを見つけます: / Users / yourusername / Library / Application Support / MobileSync

概要

いつものように、Apple ToolBoxでは、何か問題が発生した場合に備えて、FinderまたはiTunesのバックアップに加えてiCloudへのバックアップを保持することをお勧めします。 そして、できれば、2X2ルールに従い、2つのクラウドバックアップと2つのローカルバックアップを使用します。

それは私が知っている不必要なストレージがたくさんあるように感じますが、あなたがそれを必要とする日が到来するはずです。 あなたは準備ができているそれらのバックアップを持っていることに感謝するでしょう。 これはあなたの保険であり、包括的にカバーしたいと思います。

リーダーのヒント

  • Samiは、外付けハードドライブの名前に単語の間にスペースを入れる場合は、必ず適切なコーディングを使用するように注意してください。 したがって、外付けハードドライブに「My Passport」という名前を付けた場合は、My、スペース、Passportの順にバックスラッシュを使用してください。 このように:My \ Passport。 そして、必要に応じて大文字を使用することを忘れないでください
  • 上記の方法でうまくいかない場合は、読者のJingshaoのヒントに従ってプロセスをやり直してください。
    • 外部ドライブの名前とフォルダーの名前を置き換えることを忘れないでください(バックアップ用に固有のフォルダーを作成した場合)
    • ターミナルを開いて、これらのコマンドを入力します(間に1つずつReturnキーを押します)
    • cd〜/ライブラリ/ Application \ Support / MobileSync /
    • rmバックアップ
    • mkdir / Volumes / ExternalDriveName / MyiPhoneBackUp / Backup
    • ln -s / Volumes / ExternalDriveName / MyiPhoneBackUp / Backup
    • cd〜/ライブラリ/ Application \ Support / MobileSync / Backup
  • 一部のリーダーは、ステップ10と11の間に別の端末コマンドを追加する必要があります:12。
    • ターミナルで次のコマンドを追加します:cd〜/ Library / Application \ Support / MobileSync / Backup
  • 〜/ Library / Application Support / MobileSyncでiPhoneバックアップフォルダーを見つけ、外部ドライブのMobileSyncと呼ばれる新しいルートフォルダーにコピーします。
    • 外部ドライブにコピーしたら、内部のバックアップフォルダーの名前を変更します
    • ターミナルを開いて次のように入力します:ln -s / Volumes / [Your External Drive's Name] / MobileSync / Backup〜/ Library / Application \ Support / MobileSync / Backup
    • ターミナルを閉じる
    • iTunesに戻り、iPhoneのバックアップを試し、機能するかどうかを確認します
  • Windows 10を使用している場合は、次の手順を試してください。
    • iTunesを使用して通常のiPhoneバックアップをデフォルトの場所に作成する
    • C:\ Users \ [お使いのWindowsユーザー名] \ AppData \ Roaming \ Apple Computer \ MobileSync \ Backupに移動します
    • そのフォルダを新しいバックアップ場所にコピーします
    • 元のバックアップフォルダの名前を変更します。 BackupOldのような名前に変更することをお勧めします
    • Shiftキーを押しながらマウスボタンを右クリックして、コマンドウィンドウを開きます
    • コマンドで、次のように入力します。mklink / J“%APPDATA%\ Apple Computer \ MobileSync \ Backup”“ [Your External Drive]:\ iTunes Backup” '
    • コマンドプロンプトウィンドウを閉じます
    • iTunesを開いてiPhoneをバックアップし、機能するかどうかを確認します