iOS 10で開封確認を受け取る人を選択する方法

かなり前から、iMessagesには開封確認メッセージを表示する機能があり、メッセージを読んだかどうか、いつ読んだかを他のユーザーに示すことができます。 この機能は、一部のケースには適していますが、それほど多くはありません。

これは、重要な何かへの応答を待っているときなど、場合によっては便利な機能です。 また、チャットに満足している友達や、どんなに忙しくてもインスタントテキストの返信を期待している人がいる場合、これは最悪の機能の1つになる可能性があります。

iOS 10より前は、オールインまたはオールアウトでしたが、 今度は個別に開封確認を設定できます

iOS 10を実行しているiPhoneまたはiPadでこれを簡単に設定する方法は次のとおりです。

まず、メッセージに移動し、一般に開封確認を読んでいることを確認します。 これを行うには、設定->メッセージ->開封確認を表示します

次に、誰かとメッセージングスレッドに向かいます。 右上に小さな「i」が表示されます。 クリックして。

次に、[開封確認を表示]が表示されるまで下にスクロールします。 選択または選択解除します。

表示されない領収書を読みますか?

他の人がiMessageを使用していて、そのオプションがデバイスでオンになっている場合にのみ、「開封確認メッセージ」を取得することを忘れがちです。 時には、基本を見落として、あらゆる種類の修正を試みます。

一部のユーザーが断続的に経験するもう1つの問題は、領収書に「配信済み」と表示され、「読み取り」と表示されないことです。 いくつかのiMessageは「既読」として表示され、実際にはスレッドで時間も確認できます。

チェーンの最後の1つは「配信済み」のままですが、「読み取り」に変更されることはありませんが、受信者はメッセージに応答します。 明らかに、既読ですが、すべてのiMessageに対して開封確認が表示されていません。 その最後のメッセージは開封確認メッセージを受け取りません。 この問題は厄介ですが既知のバグです。

ステータスが正しく表示されるようにideviceを再起動する以外に、この問題でできることは多くありません。 問題があなたにとって大きな手間であることが判明した場合は、iPhoneを新品として復元してみて、問題が解決するかどうかを確認できます。

iOS 10の詳細については、iOS 10ガイドをご覧ください。 iOS 10にアップデートした後にiMessageに他の問題が発生する場合は、iOS 10でのiMessageのトラブルシューティングガイドを確認してください。

このヒントがお役に立てば幸いです。 他の問題がある場合、または他の読者とヒントを共有したい場合は、下のコメントでお知らせください。