iOS 11を使用してiPhoneコントロールセンターをカスタマイズする方法

Appleは、その署名コントロールセンターをiOS 11で再設計しました。 そうです、iOS 11以降、脱獄せずにコントロールセンターをカスタマイズできます!!! この記事では、それを行う方法と、新しいiOS 11を使用してiPhoneのコントロールセンターを独自のものにする方法を示します。

iOS 10がリリースされたとき、多くのユーザーは再設計されたコントロールセンターにあまり満足していませんでした 。 これに関する主な理由の1つは、コントロールセンターをカスタマイズできないことでした。 変更できませんでした。 代わりに、ボックスから表示されるすべてのコントロールを配置する必要がありました。

もう違います!

iOS 11以降、アップルはコントロールセンターにより多くのカスタマイズオプションを提供しています。

新しいiOS 11コントロールセンター

上にスワイプしてiPhoneのコントロールセンターにアクセスすると、新しく設計されたコントロールセンターを見逃すことはありません。

画面の明るさと音量を調整するための簡単でクールな垂直スライダーコントロールがあります 。 もうボリュームコントロールをいじる必要はありません。

アイコンは見やすく、ページ全体に整理されています。 個々のアイコングループを3D Touchすると、新しいページに詳細なアイコンが開きます。 たとえば、アイコンの機内モードグループを押すと、実行できる詳細なアクションが開きます。

そこにあり、アクセスは非常に簡単です。 そして何よりも 、コントロールセンターに「低電力モード」トグルを追加できるようになりました!!!

新しい「運転中に邪魔しない」機能も、コントロールセンターで簡単にアクセスできるようになりました。 安全性に役立つはずなので、この機能の背後にあるアイデアが気に入っています。 (アップルは気にします!)

最高の部分は、コントロールセンターに表示されるものをカスタマイズできることです。 コントロールセンターで必要な17の異なるコントロールから選択するオプションがあります。

コントロールセンターiOS 11のカスタマイズ

[設定]> [コントロールセンター]を開きます

2つのオプションがあります。 1つ目は、アプリ内のコントロールセンターを無効にすることです。 有効にすると、アプリで上にスワイプしたときにコントロールセンターが表示されなくなります。 コントロールセンターはホーム画面で引き続き使用できます。

2番目のオプションである[コントロールのカスタマイズ]では、コントロールセンターをスワイプするときに表示する機能を選択できます。

コントロールをカスタマイズする

このオプションをタップして、コントロールセンターの画面に表示する内容を選択します。

最初のセクションは「インクルード」と呼ばれます

ここでは、コントロールセンターに含めるコントロールを定義します。 アイコンの横の水平バーをドラッグして再配置するだけで、これらのコントロールを希望の順序で表示するように配置することもできます。

利用可能なすべてのコントロールが[その他のコントロール]に表示されます

コントロールの横にある「+」ボタンをタップするだけで、「含める」セクションに追加されます。 コントロールを追加したら、必要な順序でコントロールを配置できます。 必要に応じて、すべてのコントロールを追加できます。

ベストプラクティスは、お気に入りの上位4〜5個のコントロールをコントロールセンターに追加して、より便利で見栄えの良いものにすることです。

iOS 11のコントロールセンターから削除できるものにはいくつかの例外があります。たとえば、音楽、画面の明るさ、音量コントロール、画面のミラーリング、サイレントモード、ロックモード、Wi-Fi関連のコントロールは削除できません。 。 コントロールセンターの[含める]セクションからすべてのコントロールを削除した場合でも、コントロールセンターの画面にデフォルトで表示されます。

現時点では、コントロールセンターにサードパーティのコントロールを追加するための規定は確認されていません。 それは将来変わるかもしれません。 それはまだ分からない。

今のところ、コントロールセンターでもう少し自律性を求めていたユーザーは喜んでいます!