iTunesまたはApp Storeで不正なAppleの購入を報告するにはどうすればよいですか?

このように膨大な数の製品が販売されているため、一部の製品に問題があるのも当然です。 この投稿では、Appleに問題を報告して、必要なiTunesまたはApp Storeのサポートを受ける方法について詳しく説明します。

AppleのApp Storeには数百万のアプリがあり、iTunes Storeには数千万を超える曲、テレビ番組、映画があります。 このような驚異的な数の製品では、一部の製品で問題が発生すると予想するのは合理的です。

しかし、最新のアプリにバグがある場合はどうするべきですか? または、購入したばかりのフィルムが正しく機能しない場合はどうなりますか?

AppleのReport a Problemサービスはそのためだけに利用できる。

これらの簡単なヒントに従って、許可されていない購入をアップルに報告してください

  • 購入確認メールを開き(Appleからの領収書を探します)、異議のある購入名の横にある問題報告するためのリンクを選択します
  • ブラウザを使用して、Appleのreportaproblem Webサイトに直接アクセスします。 カテゴリ(アプリ、音楽、テレビ、書籍など)をタップし、問題のあるアイテムを見つけて、購入の横にある論争の理由と一緒に、[問題を報告]ボタンを選択します
  • App Store、iTunes、またはミュージックアプリを開き、アカウント設定で購入履歴を表示して、異議のあるアイテムを見つけます。 問題が見つかったら、[問題を報告]をタップし、払い戻しと払い戻しの理由を選択します
  • Apple ID設定またはApp Storeアカウントページでサブスクリプションを確認し、必要に応じて変更またはキャンセルを行います

アップルのウェブサイトは問題を報告する簡単な方法を提供します

問題を報告します

Appleに問題を報告すると、過去90日間にApp StoreまたはiTunesで購入した問題について、Appleに通知されます。

アップルでは、​​次の問題トピックから選択できます。

  • 不正な購入:請求されたが自分で購入しなかった商品
  • 不足している購入:購入したがダウンロードできない、またはライブラリで見つからない製品
  • 使用できない購入:ダウンロード、インストール、オープン、または機能しない製品
  • 不正確な購入:説明に反する商品

問題を報告すると、アップルは必要なサポートを提供します。

これは、ソフトウェアエラーを解消するための技術的およびトラブルシューティングの支援を意味する場合があります。

または、他の状況では、不正な購入や偶発的な購入に対するiTunesおよびApp Storeの払い戻しを意味する場合があります。

アップルに問題を報告するにはどうすればよいですか?

Appleに問題を報告するには、請求書から、Webサイトから、またはiTunesからの3つの方法があります。

これら3つのオプションのそれぞれについて、請求書から説明します。

#1メールで送信された請求書から問題を報告する

iTunesまたはApp Storeで購入するたびに、請求書がApple IDのメールアドレスに送信されます。

この請求書は通常、数日後に届き、購入に関する詳細が含まれています。 Appleからの領収書という件名の付いたメールを探します。

これらの請求書には、レビューを書く、または購入に関する問題を報告するためのリンクも含まれています。

このリンクは、問題を報告するための最短ルートです。 請求書を受け取ったことがない、または見つけられない場合を除きます。

[問題の報告]リンクをクリックすると、アップルのWebサイトが表示されます。 ここから、カテゴリを選択し、問題をAppleに説明してから、[送信]をクリックします。

請求書の[問題の報告]ボタンをクリックします

#2ウェブサイトから問題を報告する

最近の購入に関する問題を報告するには、reportaproblem.apple.comにアクセスしてください。

関連するApple IDにサインインすると、このWebサイトには、過去90日間にそのアカウントで行われたすべてのiTunesまたはApp Storeの購入が一覧表示されます。

各項目の横にある[問題の報告]ボタンをクリックすると、その問題をAppleに説明できます。

また、問題を送信する前に、関連するカテゴリを選択する必要があります。

関連するカテゴリを選択し、問題をアップルに説明してください

#3 iTunesから問題を報告する

MacまたはPCでiTunesを使用して、すべての購入を表示し、問題をAppleに報告します。

iTunesのメニューバーで[アカウント]をクリックし、[マイアカウントを表示]をクリックします。 Apple IDのパスワードを入力すると、アカウントに関するさまざまな情報が表示されます。

購入履歴の見出しの下にある[すべて表示]をクリックして、Apple IDからの購入を表示します。

デフォルトでは、iTunesには過去90日間の購入のみが表示されます。 それぞれの横にあるオプションのオプションです。

これをクリックすると、購入日、デバイス、販売者が明らかになり、問題を報告するためのリンクが表示されます。

請求書のように、[問題の報告]をクリックすると、アップルのWebサイトに関連するページが読み込まれ、カテゴリを選択して問題を説明できます。

iTunesでアカウントを表示して、そこからAppleに問題を報告する

購入から90日以上経過した場合はどうすればよいですか?

Appleのサポートは寛大な90日間続きますが、私たちの多くはiTunesおよびApp Storeでの購入をそれ以上に行っています。

残念ながら、これらの古い購入でのサポートの保証はありません。 しかし、まだいくつか試すことができます。

アプリ開発者に直接連絡する

優れたアプリ開発者は、アプリの問題について知りたいと思うでしょう。 一部の開発者がアクティブでなくなったとしても、支援を求めて開発者に連絡できる場合があります。

開発者はあなたに迅速な解決策を提供するか、次のアップデートでバグ修正を約束するかもしれません。

AppleはそのWebサイトで、Appleデバイスを使用している開発者からアプリサポートを取得する方法を説明しています。

アプリの自動サブスクリプションと請求の問題を管理する

最近の調査によると、平均的なAppleユーザーはサブスクリプションとアプリに約79ドルを費やしています。

多くの場合、ユーザーが使用していないサブスクリプションに対して料金が発生します。

これらのサブスクリプションと請求を探す最も簡単な方法は、Apple ID設定またはApple App Storeアプリから開始することです。

  1. Apple ID経由: [設定]> [Apple ID]> [サブスクリプション]に移動します。 各サブスクリプションをタップして詳細を取得し、変更またはキャンセルします

  2. App Store経由: App Storeアプリを開き、下部から[今日]タブを選択します 。 次に、 プロフィール写真またはアイコンをタップし、 [サブスクリプ ション]または[サブスクリプションの管理 ]を選択します。 各サブスクリプションをタップして詳細を取得し、変更またはキャンセルします

これにより、サブスクリプションに関する詳細が提供され、これらのサブスクリプションを直接更新または削除することを選択できます。

Apple ID設定からアクティブなサブスクリプションを確認してください。

アプリまたは映画の購入に対してアップルから返金を受けるにはどうすればよいですか?

Apple IDで「購入履歴」に追加されたアプリを購入する場合があります。

購入した映画もここに表示されます。

ユーザーは、サインアップしていないアプリ内課金があり、キャンセルして購入の払い戻しを受けたいと思う場合があります。

これらの料金を理解し、払い戻しを申請する場合は、次の手順が役立ちます。

以下の手順を開始する前に、少し時間をとってApple IDを調べてください。 複数のApple IDを使用していますか?

問題を絞り込むために、デバイスで使用するさまざまなIDについてこのプロセスを確認する必要がある場合があります。

  • 銀行/クレジットカードの明細書から始めます。 「 itunes.com/bill 」で始まる料金が表示されますか?
  • 金額がわからない場合は、複数の請求が1つの項目にまとめられた可能性があります。
  • 最善の方法は、まず「購入した履歴」を調べて、問題のアプリを見つけられるようにすることです。
  • iPhoneまたはiPadでApp Storeアプリを開き、画面の右上隅にあるプロフィールをタップします
  • 次に、[購入済み]をタップし、[購入済み]を選択します。 これにより、特定のApple Idに対してダウンロードしたすべてのアプリのリストが表示されます。

  • これらには、iPhone上のアプリと、Apple IDを使用して他のAppleデバイスを使用して購入した可能性のあるアプリが表示されます
  • ファミリープランをお持ちの場合は、[ファミリー購入]でアプリの詳細を確認してください。
  • 払い戻しを請求する対象のアプリを特定したら、次のステップは、アプリデベロッパー(サードパーティアプリ)への連絡方法を見つけることです
  • AppleアプリまたはiTunesムービーの場合は、問題の報告機能を使用して、前のセクションで説明したようにAppleに連絡してください。 サードパーティのアプリの場合は、以下の手順を確認してください。
  • デバイスのApp Storeからアプリを検索してタップします。
  • 上にスワイプして[評価とレビュー]セクションを見つけ、[アプリサポート]をタップします。

  • これにより、アプリのサポートページが表示され、サードパーティのデベロッパーに連絡して、対象となる場合は払い戻しをリクエストできます。

サードパーティのサブスクリプション問題の払い戻し

アプリの購入やアプリ内購入ではなく、サブスクリプション料金の払い戻しをしようとしている場合は、まずApple Idの下にあるすべてのサブスクリプションを調べる必要があります。

Appleはこれらのサードパーティのサブスクリプションを処理しません。

Appleによると、サードパーティのサービスからサブスクリプションを購入した場合

次のような別の会社からサブスクリプションを購入した可能性があります。

  • Webサイトから取得したコンテンツまたはサービス(ストリーミングビデオおよび音楽サービス、出会い系アプリなど)。
  • 他社のプラットフォームのアプリから購入したコンテンツまたはサービス(Google PlayストアからNetflixにサインアップするなど)。

これらの会社に直接連絡して、サブスクリプションをキャンセルし、対象となる払い戻しを求める必要があります。

不正請求が先に進むのを防ぐにはどうすればよいですか?

アプリ内購入を制限することから始めるのが最善の方法です。 多くのユーザーは、家族が知らないうちにアプリ内要素を購入したことに気付きます。

AppleデバイスのScreenTimeアプリを使用して、このようなアプリ内購入を簡単に制限できるようになりました。

  • iOS 12以降またはiPadOSを使用している場合は、Screen Timeを使用します
  • [設定]> [利用時間]> [コンテンツとプライバシーの制限]に移動します

  • [ コンテンツとプライバシーの制限]をタップしてオンにします
  • 次に、「 iTunes&App Store Purchases」>「アプリ内購入」>「許可しない」をタップします

    アプリデベロッパーに連絡できない場合、またはアップルがアプリデベロッパーである場合は、アップルサポートに直接お問い合わせください。

    サードパーティのアプリに対して特定のサポートを提供できない場合があります。 ただし、エラーを修正する可能性のある基本的なトラブルシューティング手順を提供できるはずです。

    これは、Appleサポートに連絡する方法を正確に説明する、以前に準備したガイドです。

    カスタマーサービスを求めることは、最良の場合、イライラさせられ、面倒な場合があります。 次回Appleに問題を報告する必要があるときは、このガイドによって問題が大幅に軽減されることを願っています。

    リーダーのヒント

    • 私にとって通常うまくいくのは、1-800-MY-APPLEに電話して、iTunesの専門家に相談するか、AppleのReport a Problem Webサイトにアクセスすることです。 どちらの方法でも、異議を唱えたい特定のトランザクションの詳細(請求金額、請求日など)があることを確認してください。 Appleは、トランザクションがまだ完了していない場合(つまり、保留中の請求)は、トランザクションを取り消すことができません。Appleが取り消すか、払い戻しを行うには、支払い方法が請求済みであることを示す必要があります。