MacOSを搭載したMacBook Airまたはその他のMacを出荷時設定にリセットする方法

MacBook Airを出荷時の設定にリセットする理由はたくさんあります。 おそらく、Macのラグが少なすぎます。

全体的なパフォーマンスを向上させるためにリセットしたい場合は、最新のMacモデルを購入または受け取った後にMacBookをプレゼントまたは販売することを考えています。

何らかの理由で、Macを工場出荷時のデフォルトに設定する必要があります。

Macには個人データと個人データの多くが保持されているため、お気に入りの古いMacを販売または譲渡する場合は、マシンを一掃する必要があります。

また、新しいユーザーが美しくクリーンなマシンを元の工場出荷時の状態に戻すことは特に便利です。

APFS(Appleファイルシステム)でMacをリセットしますか?

macOS High Sierra以降では、APFSと呼ばれるAppleの最新のファイルシステムを使用しています。

多くのユーザーは、APFSを使用してMacおよびMacBookをリセットするときに問題に遭遇しました。 特に、「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」というエラーメッセージが表示されると報告しています。

macOS High Sierra、Mojave、Catalina以上を使用しているときにMacのハードドライブを再フォーマットすると、混乱を招きます。

APFSまたはMac OS拡張の質問について私たちが理解していることは次のとおりです

お使いのMacにハードドライブがすでにAPFSフォーマットされている場合

  • 次に、それをAPFSにリセットし、Mac OS拡張に変更しないでください。

MacまたはMacBookにMac OS拡張が付属している場合

  • 新しいファイルシステムAPFS ではなく、 macOS ExtendedJournaled)を選択する必要があります。
  • Mac OS拡張(ジャーナリング)でディスクを消去してからmacOS High Sierra、Mojave以上をインストールすると、macOSインストーラーがディスクをAPFSに変換するかどうかを自動的に決定します。
  • だから、あなたのmacOSインストーラーに重い仕事を任せてください!

Macまたは MacBookの付属品が わからない

  • 新しいときにシステムに付属していたファイルシステム(またはmacOS / Mac OS X)がわからない場合、AppleはMac OS拡張(ジャーナリング)を引き続き推奨するように指示しています。

ただし、先に進んで(またはとにかく試すことにした)、「APFSインストール用のプリブートボリュームを作成できませんでした」というエラーが発生した場合は、いくつかのヒントを紹介します

  1. Macを最初にシャットダウンする
  2. 次に、オンに戻したときにOption + Command + Rを押します。
  3. これによりインターネット回復が可能になります。ここからmacOSを再インストールしてみてください
  4. シャットダウンを含むこれらの手順を数回試す必要がある場合があります

それが機能しない場合は、このリーダーヒントを試してください(この問題は再現していません。自己責任で試してください)。

  1. macOSを再インストールしないでください!
  2. 代わりに、表示されるドライブがなくなるまでドライブを削除します
  3. Macをシャットダウンし、コマンド+ Rを押したままMacをリカバリモードで起動します
  4. リカバリパーティションからディスクユーティリティを開き、右上のマイナスボタンを選択してドライブを削除します(ドライブを消去しないでください。マイナス(-)記号でドライブを削除してください)
  5. 削除したら、もう一度Macをシャットダウンします
  6. Option + Command + Rを押してインターネットから起動し、インターネット回復モードで再起動します
  7. ディスクユーティリティを再度開き、プラスボタンを使用してドライブを作成します。 ドライブの名前をMacintosh HDに変更し、Mac OS Extended(Journaled)を選択します
  8. 目標は、ドライブをmacOS SierraまたはMacに最初に付属していた最も近い利用可能なmacOS OS Xのバージョンに戻すことです
  9. それでもmacOS High Sierra、Mojave、またはそれ以上をAPFSで更新する場合は、Mac App Storeから更新してください

工場出荷時の状態にリセットする前のチェックリスト

1)バックアップ!

はい、Time Machineまたは別のアプリケーションですべてをバックアップします。できれば、2つのクラウドと2つの物理(ローカルまたはリモート)バックアップを使用した2X2ルールに従ってください。

また、Carbon Copy Cloner、Super Duper、ChronoSyncなどのドライブ複製アプリの使用を検討してください。 これらの種類のアプリは、ドライブの同一のクローン(またはコピー)を作成します。TimeMachineとは異なり、完全に起動可能なバックアップです。

Macに問題が発生した場合は、これらのクローンからコンピューターを起動できます。

2)FileVaultをオフにする(使用している場合)

FileVaultはフルディスク暗号化を使用して、起動ディスク上の情報への不正アクセスを防止します。 ほとんどの人はこの機能をオンにしていません。 ただし、常に確認することをお勧めします。

常にアカウントパスワードでログインしている場合は、FileVaultがオンになっている可能性があります。 これは、FileVaultがオンの場合、Macでは常にパスワードでログインする必要があるためです。

FileVaultを無効にする

  1. [システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]に移動します
  2. FileVaultタブをクリックします。
  3. ロックボタンを選択します
  4. 管理者名とパスワードを入力してください
  5. [FileVaultをオフにする]をクリックします
  6. 再起動

再起動後、Macが起動していて、AC電源に接続されていることを確認します。

Macが起動すると、起動ディスクの復号化がバックグラウンドで行われます。 そして、これには時間がかかります。 [セキュリティとプライバシー]設定の[FileVault]セクションで進行状況を確認します。

3)承認を削除する

MacBookまたは別のデバイスを認証すると、すべてのアプリ、オーディオブック、書籍、音楽、映画、およびその他のコンテンツへのアクセスを許可します。

Macを工場出荷時の状態にリセットする前に、特に販売または譲渡する場合は、認証を解除することが重要です。 Macの認証を削除すると、AppleはMacを認証済みコンピュータの1つとして数え続けることができなくなります。

Macを保持している場合でも、認証を削除することを強くお勧めします。場合によっては、Appleが同じコンピュータを2回カウントしてしまうことがあります。

macOS Catalina以上でMacの認証を解除します

  • MacBookでミュージックアプリ、Apple TVアプリ、またはApple Booksアプリを開き、 [アカウント]> [認証]> [このコンピュータの認証を解除]を選択します

macOS Mojave以下およびWindowsでiTunesを使用して認証を解除する

iTunesには、独自の認証ツールが組み込まれています。 MacまたはWindowsのメニューバーで簡単に見つけることができます。[ アカウント]> [認証]> [このコンピュータの認証を解除]を選択します(古いバージョンのiTunesの場合は、[iTunes]> [ストア]> [コンピュータの認証を解除]に移動します)。

MacまたはWindows PCの認証を解除する

  1. iTunesを開く
  2. 必要に応じて、Apple IDでサインインします
  3. 画面またはiTunesウィンドウの上部にあるメニューバーから、 [アカウント]> [認証]> [このコンピュータの認証を解除]を選択します
  4. Apple IDとパスワードを入力し、Returnキーを押して、 Deauthorizeをクリックします

心配しないでください。コンテンツが失われることはなく、コンピュータから何も削除されません。 コンピュータの認証を解除すると、保護されたコンテンツへのアクセスのみが防止されます。 また、必要に応じて、後でコンピュータを認証できます。

このステップは後で保存しないでください。 まだ所持している間は、PCのiTunesから認証を解除するのが最善です。 5つの認証の1つがまだ残っているコンピューターを売却または譲渡する場合は、すべてのコンピューターの認証を解除してから、まだ使用している各コンピューターを再認証する必要があります。

それはあなたが与えるか売る前にあなたが今できることのために多くのトラブルと時間の山です。 さらに、それは簡単です!

Windowsユーザーのみ

Windowsの再インストール、RAM、ハードディスク、またはその他のシステムコンポーネントのアップグレードを行う前にコンピューターの認証を解除しなかった場合、コンピューターに複数の認証が設定されている可能性があります。

それがあなたの状況であると思われる場合は、iTunesメニューバーから認証を確認し、「アカウント」>「マイアカウントを表示」を選択します。 [アカウント情報]ページで、[Apple IDの概要]セクションに移動し、[コンピューターの認証]までスクロールします。

ここには、過去に認証したコンピューターの数が表示されます。 残念ながら、それはそれらのコンピュータの名前をリストしていません。 そのため、その数があなたと一致しない場合は、認証が解除されるまで数回コンピュータの認証を解除してみてください。

または、[すべてのコンピューターの認証を解除]を選択して、5つの認証を消去します。 次に、すべてのコンピュータを一度に1つずつ再認証します(最大5つ)。

ちなみに、別のコンピューターやiPhone、iPad、iPod touchからコンピューターを認証することはできません。 さらに、iPhone、iPad、またはiPod touchを認証しません。 iDeviceは、利用可能な認証にはカウントされません。

4)プログラムを非アクティブ化し、他の権限を削除する

多くのサードパーティアプリケーションには、マシンの認証とアクティベーション、特に画像、サウンド、ビデオ編集プログラムが含まれています。 たとえば、ほとんどのAdobeプログラムはアクティベーションが必要です。 アプリケーションのアクティブ化は、特定のアプリケーションを有効なユーザーライセンスに接続するプロセスです。

アプリケーションを使用するには、アプリケーションをアクティブ化する必要があります。

一方、 非アクティブ化すると、アプリケーションは有効なユーザーライセンスから切断されます 。 非アクティブ化されたら、いつでも、どのコンピューターでもそのライセンスを再アクティブ化できます。

アプリケーションを非アクティブ化するためにPCからアプリケーションをアンインストールする必要はありません。 従来の知識にもかかわらず、アプリケーションをアンインストールしても、必ずしもそのライセンスが非アクティブになるわけではありません。

アプリケーションのリストを確認して、アクティベーションキーを必要とするプログラムを探してください。 見つかったら、プログラムのメニューバーに移動し、無効化または認証解除のリンクを見つけます。

5)iCloudからサインアウトする

Find My Macを使用している場合は、先に進む前に、必ずiCloudデータをアーカイブまたはコピーしてください。

画面の左上にあるアップルメニューに移動し、[システム環境設定]を選択します。 次に、 Apple ID> iCloudを選択し、[Macを探す]チェックボックスをオフにしてオフにします。 確認のためにApple IDパスワードを入力します。

「Macを探す」がオフになったら、「 概要」をタップし、「 サインアウト をタップします。

macOS Mojave以下の場合、 [システム環境設定]> [iCloud]を開き、[Macを探す]をオフにして、[サインアウト]をクリックします。

MacBookからiCloudデータを削除する

各ポップアップで[Macから削除]をクリックして、すべての個人データを必ず削除してください。

iCloudの連絡先、カレンダー、その他のiCloudデータがMacから削除されます。

6)iMessageからサインアウトする

メッセージアプリで、[ 設定]> [アカウント]を選択します 。 iMessageアカウントを選択し、[サインアウト]をクリックします。

macOSリカバリーでMacBook Airおよびその他のMacを出荷時設定にリセットする

macOSの回復は、Macに組み込まれている回復システムの一部です。 そのユーティリティを使用すると、内蔵ハードドライブを完全に消去できます。

販売または譲渡する場合は、Mac、ユーザー、データ、またはApple IDに関連するすべてのものをMacから削除する方法でmacOSを再インストールする必要があります。

Macを販売または譲渡する場合

macOS Catalina +の場合

  1. MacBookの電源を入れるか再起動し、 Option + Command(⌘)+ Rキーを押したままにします
  2. Appleロゴが表示されたら、離します。
  3. ユーティリティウィンドウが表示されたら、起動は完了です
  4. リカバリメニューオプションからディスクユーティリティを選択します
  5. サイドバーから起動ドライブを見つけます。 表示されない場合は、メニューバーから[表示]> [サイドバー表示]を選択します。
  6. Macintosh HD – Dataなど、ドライブ名の最後にDataという語が追加されたボリュームを探します。
  7. そのデータボリュームを選択し、メニューバーから[編集]> [APFSボリュームの削除]を選択するか、ディスクユーティリティツールバーのボリューム削除ボタン(–)をタップします。
  8. 確認を求められたら、 [削除]ボタンをタップします

  9. 重要:[ボリュームグループの削除]をクリックしないでください
  10. 起動ディスク上の他のボリュームについて繰り返します。ただし、Macintosh HDという名前のボリュームは除きます。
  11. Macのデータボリュームの削除が完了したら、サイドバーでMacintosh HDを選択します
  12. 消去をクリックして名前を入力し、ドライブに希望するフォーマット(APFSまたはmacOS Extended Journaled)を選択します。 次に、「 消去」をタップしてプロセスを開始します

  13. 要求された場合は、Apple IDを入力します
  14. ディスクが消去されたら、ディスクユーティリティを終了します。
  15. リカバリメニューから、[ macOSの再インストール ]を選択し、画面の指示に従います
  16. 完了すると、MacBookが再起動してセットアップアシスタントと初期画面が表示されます。 Macを工場出荷時のデフォルト状態にするには、システムのインストールを続行しないでください。 Command-Qを押して、[シャットダウン]をクリックします
    1. 新しい所有者は、自分の情報とApple IDを使用してセットアップアシスタントの手順を完了します

macOS Mojave以下の場合

  1. MacBookの電源を入れるか再起動し、 Option + Command(⌘)+ Rキーを押したままにします
  2. Appleロゴが表示されたら、離します。 ユーティリティウィンドウが表示されたら、起動は完了です

  3. ディスクユーティリティを使用して、起動ディスクとその他の内蔵ハードディスクを消去します
  4. 左側のリストからドライブの名前を見つけます。 Macの起動ディスクのデフォルト名はMacintosh HDです(名前を変更していない場合)。
  5. 起動ドライブが表示されない場合は、メニューバーから[表示]> [サイドバー表示]を選択します。
  6. 消去を選択

  7. [ フォーマット ]メニューで、[macOS拡張(ジャーナリング)]または[APFS]を選択し、ディスクの新しい名前(デフォルト名はMacintosh HDをお勧めします)を入力して、[ 消去 ]をクリックします。
    1. 警告! これにより、すべての個人ファイルとデータを含む、ディスク上のすべての情報が消去されます
    2. 消去には時間がかかるので、我慢して練習してください!
  8. ディスクが消去されたら、ディスクユーティリティを終了します。
  9. リカバリメニューから、[ macOSの再インストール ]を選択し、画面の指示に従います

    macOSを再インストールするためにリカバリモードにアクセスします
    1. インストールで問題が発生した場合は、シャットダウンしてOption + Command + Rを押す代わりにインターネット回復を使用してみてください
  10. 完了すると、MacBookが再起動してセットアップアシスタントと初期画面が表示されます。 Macを工場出荷時のデフォルト状態にするには、システムのインストールを続行しないでください。 Command-Qを押して、[シャットダウン]をクリックします
    1. 新しい所有者は、自分の情報とApple IDを使用してセットアップアシスタントの手順を完了します

MacBookを保持している場合

macOS Catalina以降の場合

  1. MacBookの電源を入れるか再起動し、 コマンド(⌘)+ Rキーの両方を押したままにします 。 Appleロゴが表示されたら、リリースします
  2. リカバリメニューからディスクユーティリティを開く
  3. サイドバーから起動ドライブを見つけます。 表示されない場合は、メニューバーから[表示]> [サイドバー表示]を選択します。
  4. ドライブ名の最後に「 データが追加されました」という単語がリストされているボリュームを選択します(Macintosh HD –データなど)。
  5. [ 消去 ]ボタンをクリックし、ボリュームの名前を入力して、そのドライブのフォーマットを選択します
    1. ボリュームを暗号化する場合は、APFS(暗号化)またはAPFS(大文字と小文字を区別、暗号化)を選択します
  6. 消去アイコンをタップし、[完了]をクリックします
    1. ボリュームグループの消去は選択しないでください

  7. ディスクが消去されたら、ディスクユーティリティを終了します。
  8. リカバリメニューから、[macOSの再インストール]を選択し、画面の指示に従います
    1. APFSとmacOSのインストールで問題が発生した場合は、代わりにインターネット回復モードを試して、再起動してOption + Command + Rを押します。
  9. 完了すると、Macが再起動してセットアップアシスタントが起動します。 画面の指示に従って、すべての情報を入力します

macOS Mojave以下の場合

  1. MacBookの電源を入れるか再起動し、 コマンド(⌘)+ Rキーの両方を押したままにします 。 Appleロゴが表示されたら、リリースします
  2. ディスクユーティリティを使用して、起動ディスクとその他の内蔵ハードディスクを消去します
  3. 左側のリストからドライブの名前を選択し、 消去をクリックします
  4. [ フォーマット ]メニューで、[Mac OS拡張(ジャーナリング)]または[APFS]を選択し、ディスクの新しい名前(デフォルト名はMacintosh HDをお勧めします)を入力して、[ 消去 ]をクリックします。
    1. 警告! これにより、すべての個人ファイルとデータを含む、ディスク上のすべての情報が消去されます
    2. 消去には時間がかかるので、我慢して練習してください!
  5. ディスクが消去されたら、ディスクユーティリティを終了します。
  6. リカバリメニューから、[macOSの再インストール]を選択し、画面の指示に従います
    1. APFSとmacOSのインストールで問題が発生した場合は、代わりにインターネット回復モードを試して、再起動してOption + Command + Rを押します。
  7. 完了すると、MacBookが再起動してセットアップアシスタントが起動します。 必要に応じて情報を入力してください

macOSを再インストールするその他の方法(出荷時設定へのリセットではない)

Time Machineバックアップを作成した場合は、Time Machineバックアップから復元します。 復元すると、ディスクが消去され、そのディスク上のすべてがmacOSに、その他のすべてのデータがTime Machineバックアップから置き換えられます。

これを行うには、macOS Recoveryを起動して、 Time Machine Backupから復元を選択します 画面の指示に従ってください。

Mac App StoreからmacOSを再インストールすることもできます。

App Storeを開き、検索フィールドを使用して検索します。 見つかったら、その製品ページからダウンロードしてインストールします。 なんらかの理由により、macOSが[App Purchased]タブに表示されません。

要約

それに直面しよう; 最高のデジタル市民でさえ、MacBook Airや他のMacのパフォーマンスは時間の経過とともに遅くなることがわかりました。 つまり、これは人生であり、物事が起こります。

ターミナルやサードパーティのアプリを使用して、多くのアプリケーションやアップデートをインストールし、システムのオペレーティングソフトウェアについて突っ込んでいます。 これは実際の使用であり、期待されています。 それは経験の価値と価格です。

つまり、Macのパフォーマンスが低下しているときです。 アプリを1つずつ削除したり、あちこちで小さな修正やハッキングを試みたりするのではなく、macOSの再インストールを実行してください! そして、クリーンなOSスレートで次の日を始めましょう。

古いMacを販売または譲渡する場合、Macを工場出荷時の設定にリセットすることは、購入者または受取人にとって必須です。 Macの工場出荷時の設定を復元すると、新しい所有者がデータにアクセスできないので安心です。

そして、新しい所有者は、新たなスタートから始めます。以前のすべてのアプリケーションや設定などからの混乱は残りません。

Macの出荷時設定にリセットしてデータを削除および保護することで、自分自身と新しい所有者に優しくしてください。 また、オペレーティングシステムをリセットする手順を実行する前に、Time Machineまたは選択したバックアップ方法でデータをバックアップすることを忘れないでください。