iPad、iPod、iPhoneでiMessageを制限する方法

iPod touch、iPad、またはiPhoneでiMessageを簡単に制限できます。 制限を使用して直接行う方法はありませんが、ペアレンタルコントロールとも呼ばれます。 方法は次のとおりです。

手順:ペアレンタルコントロールを使用してiMessageを制限する方法

1. [設定]> [メッセージ]に移動してiMessageを無効にし、iMessageスライダーをオフに切り替えて無効にします。 iMessageがすでに無効になっている場合は、この手順をスキップしてください。

2.次に、制限(保護者による制限とも呼ばれます)でアカウント設定を変更する機能をロックして、自分だけがiMessageを有効にできるようにする必要があります。 [設定]> [一般]> [制限]をタップします。 以前に制限を有効にしたことがある場合は、パスコードの入力を求められ、パスコードを入力します。 そうでない場合は、[制限を有効にする]をタップしてパスコードを入力します。 覚えておくパスコードを選択してください。 制限を無効にするにはパスコードが必要になるため、パスコードを忘れないでください。

3. [変更を許可:]をタップし、[アカウント]を選択して、[変更を許可しない]をタップします。 現在、iMessagesへのアクセスは制限されています。

ノート:

a。 メッセージアプリは引き続きホーム画面に表示されますが、開こうとすると、「このiPadはiMessageアカウントの作成を制限されています」というメッセージが表示されます。

b。 iPhoneではiMessageを制限できますが、上記の方法ではメッセージアプリが制限されないことに注意してください。 つまり、SMSとMMSを使用したメッセージは引き続き機能します。