家族共有を設定して使用する方法

家族共有はiOS 8の優れた新機能で、同じApple IDを共有しなくても、購入したiTunesおよびAppストアを家族全員と共有できます。 また、幼児が何かを購入する前に許可を求める必要があります。そうすると、リクエストが届き、iPadまたはiPhoneを受け入れるか拒否する必要があります。

ただし、家族共有を設定するには、いくつかの手順を最初に実行する必要があります。

家族共有を始める方法

家族共有を使用すると、複数の家族をアカウントに追加できます。 これは現在6人に制限されており、すべてのデバイスにはiOS 8(AppleのモバイルOSの最新バージョン)がインストールされている必要があります。 全員を追加したら、お互いの購入を表示し、自分のアカウントから行うようにダウンロードできます。

それがアクティブ化されると、個人のiTunesアカウントがアイテムの支払いに十分なクレジットをすでに持っている場合を除き、それ以降に購入したすべてのものが主催者のアカウントに請求されます。 その場合、個人アカウントからのクレジットが常に最初に使用されます。

後で気が変わった場合、ファミリー共有から誰かを削除することもできますが、ファミリー共有がアクティブになるにすでに購入したアイテムには引き続きアクセスできます。 追加されたすべてのApple ID共有は、共有されたすべてにアクセスできます。また、誰かを削除した後に購入されたものは、その人々からアクセスできなくなります。

家族共有で何ができますか?

家族共有は、次のことを可能にする非常に便利な機能です。

  • 音楽、テレビ、映画、音楽をすぐに共有
  • 家族共有グループの誰とでも写真を共有できます
  • カレンダーを共有する(ただし、個人のカレンダーも保持する)
  • 家族を追跡できるように場所を共有する
  • 家族のデバイスがグループ内の任意のデバイスからどこにあるかを見つける(これはFind My iPhoneを使用します)
  • 「購入を依頼」を使用します。これは、18歳未満の子供が親に何かを購入する許可を求める必要があることを意味します
  • Ask to Buyを使用すると、iOSデバイスからの要求を受け入れるか拒否することもできます

ただし、いくつかの制限があります。 現時点では、1年間に2つの家族共有グループしか作成できないため、グループを開始してから後で削除することにした場合、作成できるのは1つだけです。 また、別のグループを作成するには、少なくとも1年は待つ必要があります。そのため、本当に必要でない限り、グループを削除するのではなく、個々のメンバーを削除することをお勧めします。

最後に、18歳以上には購入制限を課すことはできません。13歳未満の子供には、制限が自動的に適用されます。

家族共有を段階的に設定する方法

主催者は、iPadまたはiPhoneでファミリー共有を設定する必要がある人です。 主催者は、購入のリクエストを受け取り、同意する必要があります。

  • 設定を開く
  • iCloudをタップします
  • 家族共有の設定をタップします

  • [ 開始する]をタップします

  • [ 続行]をタップします

  • すでにiCloudにサインインしている場合は、[ 続行]をタップします

  • iTunesに登録済みのクレジットカード情報を確認する

  • 利用規約を表示して確認する

  • 続行をタップします

  • [ 家族メンバーを追加]セクションタップして家族メンバーを追加します

  • 連絡先の名前を入力し(電子メールアドレスを選択)、招待状を送信するか、参加するのを待ちます

今あなたがしなければならないすべては、すでに上で述べたように各家族のメンバーを加えることです。

彼らはあなたの招待を受け入れるために彼らのAppleデバイスで電子メールとプッシュ通知を受け取ります。 そして、彼らがそうするとき、それ以降に購入されたすべては主催者のアカウントに請求され、あなたは家族の他の誰もが購入するすべてのアイテムにアクセスすることもできます!

iTunes 12の詳細については、こちらの以前の投稿をご覧ください。 また、iTunesやiCloudにバックアップする方法を知りたい場合は、この記事がお勧めです。