iCloudにサインアップする方法(2020更新)

iCloudは、Appleデバイスをシームレスに連携させます。 写真、ファイル、アプリのデータを自動的に同期します。 定期的に暗号化されたバックアップを作成します。 紛失や盗難から保護します。 そして、このハウツーガイドでiCloudのサインアップを完了するまでに5分もかかりません。

iCloudにサインアップする方法を学ぶのは簡単です。 デバイス間で同期させるのは簡単です。 サインアップすると、すべてのユーザーが5 GBの無料iCloudストレージを利用できます。 これは、メモ、写真、ドキュメントなどに使用されます。 オンにすると、iCloudはこのデータを各デバイスで自動的に更新します。 私が言ったように:楽。

大量のiCloudデータを扱うと、5 GBを使い果たすのが一般的になります。 そのため、必要に応じて、またはAppleから追加のストレージを購入できる場合に、iCloudストレージを解放するためのヒントをいくつか用意しています。 それまでは、始めましょう。

関連記事:

    iCloudにサインアップする前にすべきこと

    iCloudを使用するには、Apple IDアカウントが必要です。 写真:アップル社提供

    iPhone、iPad、Mac、またはWindows PCのほとんどすべてのデバイスを使用してiCloudにサインアップできます。 サインアップはApple IDの詳細を使用するため、まだApple IDをお持ちでない場合は、ここで新しいApple IDアカウントを作成するか、プロンプトに従ってiCloudサインアップを進めながらアカウントを作成してください。

    このようにして、Appleはあなたに最適な推奨を行うことができ、購入したものにいつでもアクセスできます。

    App Storeからのダウンロードから店頭での予約まで、すべてのAppleサービスに同じApple IDを使用する必要があります。 また、Apple IDを他の人と共有しないことをお勧めします。 代わりに、1つのApple IDを共有することなく、アプリや音楽などを共有できるApple Family Planを共有してください。

    すでにApple IDを持っているがアクセスできない場合の対処方法を説明します。

    iCloudにサインアップする前に、ソフトウェアの更新を確認してください。 写真:アップル社提供

    iCloudにサインアップする前に、すべてのデバイスで最新のオペレーティングシステム(iOS、iPadOS、およびmacOS)を実行していることも確認する必要があります。 更新のたびに、AppleはiCloudのサービスを改善および拡張します。 つまり、古いOSを使用している場合、一部のサービスが機能しない可能性があります。

    デバイスの設定に移動して、ソフトウェアの更新を確認します。 iDeviceの場合は、 [設定]> [一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動します 。 Macの場合は、 [システム環境設定]> [ソフトウェアアップデート]を開きます。

    iCloudメールのメールアドレスを取得する方法

    iCloudは、他のすべての言及に加えて、iCloudメールアドレスを使用する場合、デバイス間でメールを同期することもできます。 @ mac.comや@ me.comなどの古いAppleメールアカウントも、iCloudを介して同期できます。

    すでにApple IDアカウントをお持ちの場合は、iCloudにサインインしてサインアップすると、無料のiCloudメールアドレスを取得できます。 お使いのデバイスのiCloud設定に移動し、[ メール ]ボタンをオンにするだけです。

    iCloud設定でメールをオンにして、iCloudメールアドレスを設定します。

    Apple IDアカウントをまだお持ちでない場合は、Apple IDアカウントと同時に無料のiCloudメールアドレスを作成できます。 ここでの唯一の注意点は、以下で詳しく説明するiCloudのサインアップ中にAppleデバイスを使用してApple IDアカウントを作成する必要があることです。

    iPhone、iPad、iPodでiCloudにサインアップする方法

    iPhone、iPad、iPod TouchデバイスはiOSを使用します。 デバイスでiOS 5以降が実行されている限り(2011年にリリースされたiOS 5以降)、少なくとも何らかの形のiCloudにアクセスできます。

    設定アプリを開きます。

    iOSデバイスでiCloudにサインアップするには、まず設定アプリを開く必要があります。

    名前をタップするか、タップしてサインインします。

    デバイスですでにApple IDにサインインしている場合は、設定の上部にある[あなたの名前]をタップします。 それ以外の場合は、 [デバイスにサインイン]をタップして 、Apple IDアカウントの詳細を入力するか、新しいアカウントを作成します。

    この段階でApple IDアカウントを作成することを選択した場合、必要に応じて無料のiCloudメールアドレス取得するオプションが表示されます。

    iCloudをタップし、クラウド経由で同期するアプリを選択します。

    Apple IDでサインインすると、iCloudが自動的にオンになります。 iCloudボタンをタップして、 iCloud経由で同期するデータを選択し、ストレージを管理します。

    MacでiCloudにサインアップする方法

    iCloudを使用するには、Macが少なくともOS X Lionを実行している必要があります(これも、2011年にリリースされて以来の可能性が高いです)。 最高のiCloudエクスペリエンスを実現するには、可能であれば最新のmacOSに更新する必要があります。

    MacでiCloudにサインアップするには、まずシステム環境設定を開きます。 他のMacアプリを開くのと同じようにアプリを開くか、メニューバーのAppleアイコンをクリックして、これを行うことができます。

    iCloudをクリックしてサインインするか、Apple IDを作成します。

    macOS Catalinaの場合は、[システム環境設定]の[ Apple ID ]をクリックします。

    macOS Mojave以前を使用している場合は、システム環境設定のiCloudボタンをクリックし、要求された場合はApple IDの詳細を入力します。

    Apple IDアカウントをお持ちでない方は、プロンプトに従ってアカウントを作成し、必要に応じてプロセスで無料のiCloudメールアドレス取得してください。

    ボックスをオンにして、iCloudで同期するものを選択します。

    iCloudシステム設定にサインインしたら、iCloudを介して同期するデータを選択し、ストレージを管理できます。

    Windows PCでiCloudにサインアップする方法

    Windowsユーザーは、iCloud for Windowsをダウンロードする必要があります。 このアプリを使用するには、コンピューターでWindows 7以降が実行されていることを確認する必要があります。

    iCloudを使用するには、Windows 7以降が必要です。 写真:Microsoft提供

    iCloud for Windowsを使用すると、AppleデバイスとWindows PCの間でデータ(写真、連絡先、メモ、その他すべて)を同期できます。 まずApple IDアカウントを作成し、AppleデバイスでiCloudにサインアップする必要があります。

    iCloud for Windowsをダウンロードしたら、Apple IDでサインインします。 写真:アップル社提供

    はじめに、AppleのWebサイトからiCloud for Windowsをダウンロードしてインストールします。 次に、Apple IDの詳細を入力してアプリにサインインします。

    ボックスをオンにして、iCloudで同期するものを選択します。 写真:アップル社提供

    ログインすると、ストレージを管理し、iCloud経由で同期するアプリを選択できます。

    ご覧のとおり、iCloudへのサインアップは、その機能を利用するのとほとんど同じくらい簡単です。 iCloudストレージが不足している場合は、 これらの ヒントを 確認してください そして、あなたが何をしているのか、コメントでiCloudを使いたくないのかを私たちに知らせてください!