iPadを工場出荷時の設定に正常に復元する方法—完全ガイド

このガイドでは、iPadを工場出荷時の設定に戻す方法を説明します。 iPadの復元は、デバイスの販売を計画している場合、またはソフトウェアエラーが原因でデバイスを使用できない場合に役立ちます。 ステップバイステップの指示に従って、あなたが知る必要があるすべてを見つけてください!

簡単なヒント

  1. デバイスのバックアップを作成します
  2. [設定]> [一般]> [リセット]に移動します
  3. [すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします

復元は何をしますか?

デバイスを復元すると、すべてのコンテンツが消去され、デフォルトの設定に戻ります。これは、出荷時設定へのリセットとも呼ばれます。 iPadの復元により、ソフトウェアは実質的に新品の状態に戻ります。唯一の違いは、購入したときよりも新しいオペレーティングソフトウェアを実行している可能性があることです。 このプロセスの後、iPadはHelloページを表示します。 その後、新規としてセットアップするか、既存のバックアップから復元できます。

iPadを復元する理由

iPadを工場出荷時の設定に戻す最も一般的な理由は、新しい所有者のためにiPadを準備することです。 iPadを復元すると、売却されたり、譲渡されたりしても、個人情報はすべて削除され、新しいものとしてセットアップできます。

ソフトウェアの問題を解決するには、トラブルシューティングの手順としてiPadを復元する必要がある場合があります。 これらには、パフォーマンスの低下、グラフィックエラー、または予期しない動作が含まれる可能性があります。 復元は時間がかかり、データの消去が必要になる可能性があるため、通常は最後の手段として推奨されます。

最後に、複数のセキュリティ状態は、復元を使用しないと解決できません。

復元が必要になる理由:
  • パスコードを紛失または忘れた
  • デバイスが無効になっています
  • 制限パスコードが紛失または忘れられた
  • iPadはリカバリモードです

これらの各シナリオでは、iTunesを使用してデバイスを復元する必要があります。

iPadを復元するには何が必要ですか?

iPadを工場出荷時の設定に復元するには、デバイス自体を使用する方法とiTunesを使用する方法の2つがあります。

デバイス自体でiPadを復元するには、Find My iPad(オンになっている場合)のデバイスパスコードとApple IDパスワードが必要です。

iTunesを使用して復元するには、最新バージョンのiTunesを実行しているコンピューターとiPadを接続するためのUSB-to-Lightningケーブルが必要です。 Find My iPadのパスコードとApple IDパスワードも用意してください。 ただし、この情報がない場合でも、リカバリモードを使用してiPadを復元できます。

iPadを復元した後にデータを復元する場合は、最初にバックアップを作成する必要があります。 iPadが復元されると、バックアップなしではiPadからデータを回復できません。

時間も必要です。 基本的な復元には10分ほどかかる場合がありますが、最初にバックアップを作成し、復元後に復元する必要がある場合、プロセス全体で数時間かかることがあります。 正確な時間は、iPadのデータ量とインターネット接続の品質によって大きく異なります。

iPadのバックアップを作成する方法

復元は元に戻すことができず、iPad上のすべてが削除されます。 データを気にしない限り、復元プロセスを開始する前にバックアップを作成する必要があります。 iPadのバックアップは、iCloudまたはiTunesのいずれかを使用して作成されます。どちらも、復元が完了したら、ほぼすべてのデータを回復できます。 以下のFAQにiCloudとiTunesのバックアップの違いをまとめました。

iCloudバックアップ

iCloudは、バックアップを作成するための最も便利な方法を提供します。 すべてのiCloudバックアップは暗号化されており、信頼性の高いWi-Fi接続でどこからでも利用できます。 iCloudバックアップを作成することの主な欠点は、iTunesよりも時間がかかり、iCloudアカウントに十分なストレージが必要になることです。

iCloudバックアップを作成するには何が必要ですか?

iCloudバックアップを完了するには、信頼性の高いWi-Fi接続と十分なバッテリー電源またはiPadの電源が必要です。 iCloudバックアップはiCloudアカウントに保存されます。つまり、十分なiCloudストレージも必要になります。正確な量は、iPadのコンテンツによって異なります。 十分なiCloudストレージがない場合は、比較的低コストで追加購入できます。

iCloudバックアップを作成する方法

プラグインしてWi-Fiに接続すると、iPadはiCloudバックアップを一晩で自動的に作成します。 ただし、設定でいつでも新しいバックアップを開始することもできます。

  1. [設定]> [あなたの名前]> [iCloud]に移動します
  2. iCloudバックアップ>今すぐバックアップをタップします
  3. バックアップが完了するまでWi-Fiに接続したままにする

iTunesバックアップ

iTunesでのバックアップはiCloudよりも高速で、Wi-Fi接続が利用できない場合に適しています。 iTunesでは暗号化または暗号化されていないバックアップが許可されています。暗号化されたバックアップでは追加のパスワードを作成する必要がありますが、暗号化されていないバックアップでは正常性またはキーチェーン情報は保存されません。 iTunesのバックアップを復元するときは、バックアップが作成されたのと同じコンピューターにアクセスする必要があります。

iTunesのバックアップを作成するには何が必要ですか?

iTunesのバックアップを完了するには、最新バージョンのiTunesを実行しているコンピュータと、バックアップ用に十分な無料のストレージが必要です。 iPadモデルによっては、ライトニングまたは30ピンのケーブルも必要です。 iTunesまたはiPadにソフトウェアの更新が必要でない限り、インターネット接続は必要ありません。

iTunesのバックアップを作成する方法

iTunesのバックアップは、iPadが関連するケーブルを使用してコンピューターに接続されている場合にのみ作成できます。

  1. iTunesを開き、iPadをコンピュータに接続します
  2. iPadのロックを解除し、[このコンピューターを信頼する]をタップします
  3. iTunesに表示されたらiPadを選択します
  4. 概要ペインを開き、iPadバックアップを暗号化するかどうかを選択します[推奨]
  5. 暗号化する場合は、プロンプトが表示されたら覚えやすいパスワードを作成します
  6. [今すぐバックアップ]をクリックし、バックアップが完了するまでiPadを接続したままにします

iPadを復元する方法

iPadを復元するには、デバイス自体を使用する方法とiTunesを使用する方法の2つがあります。 デバイス自体は、設定のボタンをタップするだけで簡単に使用できます。 ただし、iTunesの復元は、iPadが正常に機能していない場合や、リカバリモードなどのセキュリティ状態でロックされている場合に役立ちます。

復元プロセスを開始するにiPadのバックアップを作成することを強くお勧めします。そうすると、デバイスからすべてのコンテンツが消去されます。 バックアップの作成の詳細については、前のセクションを参照してください。

Find My iPadをオフにする

iPadを復元する前に、「iPadを探す」がオフになっていることを確認する必要があります。 これは、Apple IDパスワードを使用して行われます。

  1. [設定]> [あなたの名前]> [iCloud]> [iPadを探す]に移動します
  2. タップして「iPadを探す」をオフにします
  3. Apple IDパスワードを入力してください

パスワードがわからない場合は、ここでリセットできます。 他の誰かがサインインしている場合は、iCloudアカウントからデバイスを削除するように要求できます。 上記のオプションのいずれも実行できない場合は、リカバリモードを使用してiPadを復元する必要があります。

iPadを使用して復元する

Find My iPadがオフの場合、iPadを復元する最も簡単な方法はデバイス自体にあります。

  1. [設定]> [一般]> [リセット]に移動します
  2. [すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします
  3. プロンプトが表示されたら、パスコードまたはApple IDパスワードを入力します
  4. 復元が完了するとiPadが再起動します

iTunesを使用して復元する

Find My iPadをオフにした状態で、コンピューターが最新バージョンのiTunesを実行していることも確認する必要があります。 iPadモデルに応じて、それをコンピューターに接続するには、照明または30ピンケーブルが必要になります。

  1. iTunesを開き、適切なケーブルを使用してiPadを接続します
  2. プロンプトが表示されたら、iPadパスコードを入力し、[このコンピューターを信頼する]をタップします
  3. iTunesに表示されたらiPadアイコンを選択します
  4. 概要ペインで、iPadの復元をクリックします
  5. デバイスを復元することを確認します
  6. 復元が完了するまでiPadを接続したままにします

iPadをロック解除してこのコンピューターを信頼できない場合は、リカバリモードを使用してiPadを復元する必要があります。

回復モードを使用した復元

回復モードは、復元を完了できないときに使用されます。 これは、次のいずれかの理由が考えられます。

  • パスコードを紛失または忘れた
  • デバイスが無効になっています
  • 制限パスコードが紛失または忘れられた
  • Find My iPadをオフにできない
  • ソフトウェアが破損しています

iPadをリカバリモードにすると、復元されるまでiPadをまったく使用できなくなることがあります。 つまり、バックアップがまだ作成されていない場合、リカバリモードのiPad上のデータはリカバリできません。 リカバリモードを使用してiPadを復元するには、以下の手順に従ってください。

  1. iTunesを開き、適切なケーブルを使用してiPadを接続します
  2. ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続けます
  3. iPadにiTunesロゴが表示されるまで押し続けます
  4. コンピュータでは、iTunesが更新または復元のオプションを提示します
  5. [復元]をクリックして、プロセスが完了するまで待ちます
  6. 15分以上かかる場合、iPadが再起動し、手順2から繰り返す必要があります

バックアップを回復する方法

復元されたiPadには、新品のように何も含まれません。 データを元に戻すには、バックアップの作成方法に応じて、iCloudまたはiTunesを使用してバックアップを復元する必要があります。

iCloudバックアップを復元する

iCloudバックアップを復元するには、信頼性の高いWi-Fi接続が必要です。

  1. Hello画面からスワイプ
  2. アプリとデータに到達するまで画面の指示に従います
  3. iCloudバックアップから復元をタップします
  4. Apple IDの詳細を入力してください
  5. 適切なバックアップを選択します(サイズと日付に基づく)
  6. 必要に応じて、プロンプトに従ってソフトウェアの更新を完了します
  7. リカバリが完了するまでWi-Fiに接続したままにする

ソフトウェアの更新が必要だったが完了できなかった場合は、[アプリとデータ]ページに戻り、[新しいiPadとしてセットアップ]を選択します。 iPadがセットアップされたら、設定でソフトウェアの更新を完了できます。 その後、デバイスを再度復元して、バックアップを復元できます。

アプリと購入を承認するには、Apple IDパスワードの入力が必要になる場合があります。 パスワードがわからない場合は、[このステップをスキップ]をタップして、後でサインインできるようにします。 パスワードを入力するまで、アプリと購入は利用できません。

iCloudバックアップの復旧には、バックアップサイズとインターネット速度に応じて、5分から数時間かかることがあります。 初期リカバリが完了すると、iPadが再起動して使用できるようになります。 アプリ、写真、音楽などの追加コンテンツは、iPadがWi-Fiに接続されている場合は常にバックグラウンドでダウンロードされます。

iTunesバックアップを復元する

iTunesを使用してバックアップを復元するには、バックアップが作成されたコンピューターに接続する必要があります。

  1. iTunesを開き、適切なケーブルを使用してiPadを接続します
  2. プロンプトが表示されたら、iPadパスコードを入力し、[このコンピューターを信頼する]をタップします
  3. iTunesに表示されたらiPadアイコンを選択します
  4. 概要パネルで、[バックアップの復元…]をクリックします。
  5. 適切なバックアップを選択します(サイズと日付に基づく)
  6. 復元をクリックし、必要に応じて暗号化パスワードを入力します
  7. プロンプトが表示されたら、Apple IDの詳細を入力します
  8. 回復が完了するまでiPadを接続したままにします

ソフトウェアの更新が必要だったが完了できなかった場合は、画面の指示に従って、新しいiPadとして設定します。 iPadがセットアップされたら、設定でソフトウェアの更新を完了できます。 その後、デバイスを再度復元して、バックアップを復元できます。

回復の間、iPadが接続されたままであることを確認します。 完了すると、iPadが再起動し、iTunesから取り出すことができます。 Wi-Fiに接続すると、アプリ、写真、音楽などのメディアをバックグラウンドでダウンロードし続ける場合があります。 アプリと購入を承認するために、Apple IDパスワードの入力を求められる場合もあります。

トラブルシューティング

一般的なバックアップの問題

ストレージが足りない

iCloudとiTunesのどちらを使用していても、十分なストレージがないとバックアップを完了できません。 これに該当する場合は、追加購入するか、既存のファイルを削除するか、iPadからコンテンツを削除してバックアップサイズを最小化することで、使用可能なストレージを増やすことができます。 最悪の犯人は通常写真とビデオです。

バックアップに時間がかかりすぎる

バックアップが遅いのは、Wi-FiからiCloudへ、USBからiTunesへの接続の信頼性が低いためです。 ただし、コンテンツが多い場合は、バックアップの完了に時間がかかることがあります。 iPadから大きなコンテンツを削除することでこれを減らすことができますが、価値がない場合があります。

バックアップを作成できません

iPadが機能していない、無効になっている、またはリカバリモードになっている場合は、バックアップを作成できないことがあります。 この場合は、iCloudとiTunesの両方のバックアップを試して確認してください。 比較的最近のバックアップを作成した場合でも、それから回復することが可能です。 あるいは、データ回復のスペシャリストを探すこともできます(ただし、高価になる場合があります)。

一般的な復元の問題

iPadを探す機能をオフにできない

Find My iPadをオフにするためのApple IDパスワードがわからない場合は、ここでリセットできます。 他の誰かがサインインしている場合は、iCloudデバイスからiPadを削除するように要求できます。 これらのオプションが利用できない場合でも、 リカバリーモードとiTunesを実行しているコンピューターを使用してiPadを復元することは可能です。

不明なパスコードまたは無効なiPad

パスコードが不明であるか、iPadが無効になっている場合でも、リカバリモードを使用してデバイスを復元できます。 これを行うには、iTunesを実行しているコンピュータを使用する必要があります。

制限がオンになります

制限をオンにすると、復元の邪魔になる場合があります。 制限パスコードがわかっている場合は、[設定]> [一般]> [制限]で無効にすることができます。 それ以外の場合は、リカバリモードとiTunesを実行しているコンピューターを使用してiPadを復元する必要があります。

コンピュータを持っていない

コンピューターがない場合、唯一の選択肢はiPad自体の復元を完了することです。 それが不可能な場合は、コンピューターを借りるか、アップルのサービスプロバイダーへの訪問を予約する必要があります。

一般的な回復の問題

バックアップは利用できません

iPadでソフトウェアのアップデートが必要な場合、バックアップを表示できない場合があります。 この状況では、新しいiPadとしてセットアップしてソフトウェアの更新を完了し、デバイスを再度復元する必要があります。 それでもバックアップが見つからない場合は、元のバックアップと同じiCloudアカウントまたはコンピューターログインを使用していることを確認してください。

複数のApple IDパスワード

回復プロセス中に、複数のApple IDパスワードの入力を求められる場合があります。 これらはそれぞれ、バックアップでアプリまたは購入を承認するためのものです。別のアカウントで購入された可能性があります。 パスワードがわからない場合は、このステップをスキップすることを選択できますが、後の段階でパスワードが入力されるまで、関連するメディアは利用できません。

不完全なバックアップの回復

最初のバックアップリカバリが完了すると、iPadが再起動し、使用できるようになります。 この時点で、アプリ、写真、音楽などのメディアがまだ見つからない場合があります。 このメディアは回復に長い時間がかかり、iPadがWi-Fiに接続されているときはいつでもバックグラウンドでダウンロードを続行します。

よくある質問

復元、リセット、再起動の違いは何ですか?

これらの用語は、同じ意味で頻繁に同じ意味で使用されます。 この記事では、以下の定義に固執することで問題を単純化しました。

復元:デバイスのすべてのコンテンツと設定を消去して、工場出荷時のデフォルトに復元するプロセス。

リセット:コンテンツに影響を与えることなく、設定をデフォルトの状態に戻すプロセス。

再起動:設定やコンテンツに影響を与えることなく、デバイスの電源をオン/オフする行為。

回復:バックアップを使用してコンテンツをデバイスに戻す行為。 バックアップからの復元とも呼ばれます。

iTunesを使用してiPadを復元する必要がありますか?

最も簡単な方法は、デバイス自体を使用してiPadを復元することです。 ただし、iPadの問題やApple IDのパスワードがないために、それが不可能な場合もあります。 このような場合、iTunesが復元の唯一の方法です。

コンピューターがない場合でもiPadを復元できますか?

はい、デバイス自体を使用してiPadを復元できます。 ただし、iPadが無効になっている、制限されている、Find My iPadでロックされている、またはリカバリモードでスタックしている場合は、iTunesを実行しているコンピューターが必要です。 所有していない場合は、友人からコンピュータを借りるか、公共図書館に行くか、アップルのサービスプロバイダにアクセスすることを検討してください。

PS公共のコンピュータに残す個人データには十分注意してください。

回復モードとは何ですか?

回復モードとは、iPadにiTunesロゴのある空白の画面が表示される状態です。 このデバイスは、iTunesに接続して復元するまで使用できません。 回復モードは、iPad上の個人データへのアクセスを禁止するため、デバイスのソフトウェアまたはセキュリティの問題を解決するためによく使用されます。

iPadを復元すると、すべてのコンテンツが失われますか?

iPadを復元すると、写真、メッセージ、アプリ、設定など、デバイスからすべてが消去されます。 バックアップがないと、これらすべてが失われる可能性があります。 ただし、iCloudを使用する場合、次のような一部のデータはアカウントにライブで保存されます。

  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • ノート
  • マイフォトストリームとiCloudフォトライブラリ

バックアップを作成するにはiCloudまたはiTunesを使用する必要がありますか?

信頼性の高いWi-Fiと十分なiCloudストレージがある場合、iCloudは最も便利なオプションです。 バックアップは自動的に作成され、どこからでも利用できます。 iTunesでは、同じコンピュータに接続されている場合にのみ、バックアップを作成または復元できます。 そのコンピューターが紛失または損傷した場合、そのコンピューターのバックアップは失われます。

iCloudバックアップに保存されないものは何ですか?

セキュリティとプライバシー保護のため、iCloudバックアップにはApple PayまたはTouch IDデータは含まれていません

さらに、バックアップサイズを減らすために、iCloudバックアップには他の場所で利用可能なコンテンツは含まれていません。 ただし、バックアップの復元が完了すると、デバイスは自動的にこれらのアイテムのダウンロードを開始します。 以下が含まれます:

  • iCloudアカウントのコンテンツ(連絡先、カレンダー、リマインダー、メモ)
  • iCloudフォトライブラリとiCloudミュージックライブラリ
  • iTunesおよびApp Storeコンテンツ
  • サードパーティのクラウドコンテンツ(Dropbox、Googleドライブなど)

iTunesバックアップに保存されないもの

セキュリティとプライバシー保護のため、iTunesのバックアップにはApple PayやTouch IDのデータは含まれていません

暗号化されていない場合、iTunesバックアップにはヘルス、アクティビティ、またはキーチェーンデータも含まれません。

ソフトウェアの更新が必要な場合はどうなりますか?

回復プロセス中に、iPadを続行するにはソフトウェアの更新が必要になる場合があります。 この状況では、新しいiPadとしてセットアップし、設定でソフトウェアの更新を完了する必要があります。 完了したら、デバイスを再度復元します。

WiFiが遅すぎる場合はどうなりますか?

Wi-Fi接続が不十分で、バックアップ、リカバリ、またはソフトウェアの更新を完了できない場合、iTunesの使用に制限されます。

Apple IDのパスワードがわからない場合はどうすればよいですか?

Find My iPadがオンになっていると、iPadを復元できません。 Apple IDパスワードを忘れた、または紛失した場合は、ここでリセットできます。 それ以外の場合は、リカバリモードを使用して復元を完了する必要があります。

暗号化パスワードがわからない場合はどうなりますか?

暗号化パスワードがないと、暗号化されたiTunesバックアップを復元することはできません。