MacBookがAppleロゴに引っかかって起動しませんか? ここに修正があります

AppleのMacBookは、市場の競合他社と比較して美しいハードウェアです。 非常に高速で、ユーザーフレンドリーで、安全で、整理されており、使い方は簡単です。 ハードウェアとソフトウェア、macOSまたはMAC OS Xは、マシンを素晴らしいものにします。

しかし、それはそれでも機械であり、悲しいことに、実際には時々誤動作します。

いくつかの問題はそれほど重要ではないかもしれませんが、それが起動しない場合、またはあなたが見るすべてが回転しているホイールである場合、それは深刻な問題です。 今日、私たちはそれらの問題の1つであるMacまたはMacBookがAppleロゴにスタックしています。

MacまたはMacBookがAppleロゴに行き詰まった場合に役立つ以下のクイックヒントに従ってください

  • すべての周辺機器を取り外して再起動します
    • MacBookの場合は、可能であれば充電器も取り外してみてください
  • スタートアップマネージャーを使用してブートドライブを選択する
  • セーフモードで起動
  • ディスクユーティリティを使用してディスクを修復する
  • Apple Hardware TestまたはDiagnosticsを実行します

ブートループに入っています!

多くのMacユーザーは、自分のマシンがAppleロゴまたは一般にブートループとして知られているロゴに引っかかっていることに気付き、通常はそれについて無知です。

Macで正常に機能させるために、または少なくとも問題の原因を解明するために、いくつかのことを試すことができます。

この記事では、Macで実行できるいくつかの基本的なトリックについて説明します。おそらくそのうちの1つがうまくいくでしょう。

注:起動の失敗は深刻な問題です。 システムのハードウェアに問題があることを示している可能性があります。

これらの手順を実行する前に、すべてのデータをバックアップすることをお勧めします。

最初にバックアップ

ブート障害に対処する最初のステップは、データを保護することです。 定期的にバックアップを行っていない場合、または現在のバックアップが1つもない場合は、他の作業を行う前にドライブをバックアップしてください。 バックアップ先の外付けハードドライブが必要です。

起動しないMacをバックアップする方法はいくつかあります。

Macのリカバリパーティションを使用する

  1. 最初に、コマンド+ Rキーを押すか、可能であればTime Machineバックアップから起動時にオプションキーを押して、Macのリカバリパーティションを起動します。
  2. macOSユーティリティ画面が表示されたら、ディスクユーティリティを起動します。

  3. 画面の指示に従って、外付けハードディスクにバックアップします

ターゲットディスクモードを試す

別のMacにアクセスでき、両方のMacにFireWireまたはThunderboltポートがある場合は、それらの1つをターゲットディスクモードでもう一方の外部ハードディスクとして表示するように接続できます。

  1. 他のMacを使用して問題のあるMacのデータを別のドライブにコピーする
  2. 残念ながら、ターゲットディスクモードはThunderboltまたはFireWireでのみ機能し、USB、イーサネット、WiFi、またはBluetoothでは機能しません

Macをシャットダウンする

  • 最初にできる最も重要なことは、Macをシャットダウンすることです
  • システムの起動に必要なものを除いて、外部に接続されていたすべての周辺機器を取り外します
  • 一部の読者は、MacBookの充電器を取り外しました。 MacBookが十分に充電されている場合は、充電器も取り外してみてください

システムを起動すると、Macが正常に機能するようになる場合があります。 もしそうなら、それらの周辺機器のいずれか(または組み合わせ)が問題を引き起こしていました。

ディスクを修復する

ハードウェアに問題がある可能性があるため、リカバリモード(コマンド+ R)で起動し、ディスクユーティリティと応急処置を使用してハードドライブを修復することをお勧めします。

そのためには、まずシャットダウンする必要があります。

OS X 10.8 Mountain Lionまたは高度なバージョンでは、CommandキーとRキーを同時に押したままにして再度電源を入れると、Macがリカバリモードで起動します。

次に、ディスクユーティリティと応急処置を選択します。

スタートアップマネージャーを使用する

Option +電源キーを同時に押して、Startup ManagerでMacを起動し、起動する起動ディスクを選択します。

Macでファームウェアパスワードを使用している場合は、最初にそのパスワードを入力する必要があります。

セーフモードを試す

周辺機器の接続を外しても問題が解決しない場合は、Macの技術を少し習得する必要があります。

最も一般的な方法は、アップルをセーフモードで起動することです

  • セーフモードで起動するには、オンになっている場合はシャットダウンする必要があります
  • これが完了したら、 Shiftキーを押しながらもう一度起動します。

セーフモードでの作業には、多少の忍耐と妥協が必要になる場合があります。 セーフモードは通常モードよりも速度が遅く、一部の機能(ネットワークへの接続など)がまったく機能しない場合があります。

それがおそらくセーフモードと呼ばれる理由です。 システムがセーフモードでも起動しない場合は、この手順をスキップして次のヒントに進んでください。

起動する場合は、ブートボリュームに9GB以上の空き容量があるかどうかを確認します。

ブートボリュームで少なくとも9GBのスペースがまだない場合は、それを使用可能にする必要があります。

ゴミ箱を空にして、いくつかのファイルを別のボリュームにコピーすることで、これを行うことができます。 この後、Macをシャットダウンして通常どおり再起動します。

インターネット回復を試す

リカバリパーティションが機能しない場合は、Appleのサーバーからリモートでリカバリをロードするインターネットリカバリを試してください。

  • Internet Recoveryを使用して、macOSまたはOS Xを再インストールし、Macの起動ディスクが機能しない場合の問題をトラブルシューティングします
  • インターネット復旧は新しいモデルのMacと一部の古いモデルで機能します。互換性についてはAppleのサイトを確認してください
  • インターネット経由のmacOS(OS X)リカバリー、macOSユーティリティの再インストール、およびオンラインヘルプのヘルプにはすべてインターネット接続が必要です
  • インターネット回復モードは、購入時にコンピューターに最初から付属していたmacOSまたはOS Xバージョンを再インストールします。
  • Macの内蔵ディスクが破損しているか、それ以外の方法で操作できない場合にのみ、インターネット回復を使用してください

インターネット経由でmacOSまたはOSX Recoveryから手動で起動するには、起動時にOption-Command-RまたはShift-Option-Command-R押したままにします。

  • macOSまたはOS Xユーティリティという名前の画面が表示されたら、ディスクユーティリティに移動します。
  • ここで起動ボリュームを選択し、 First Aidをクリックしてから、 Repair Diskボタンをクリックします。
  • ボリュームに問題がある可能性があることを示しています。 何も表示されなくなるまでこれを続けます
  • ドライブが故障しているため、交換する必要があると表示される場合があります。 もしそうなら、あなたのMacに従ってください

Apple Hardware Diagnosticsを実行してください!

  1. キーボード、マウス、ディスプレイ、イーサネット接続(該当する場合)を除くすべての外部デバイスを切断します。すべてのデバイスを切断しないと、テストの実行時にエラーメッセージが表示される場合があります
  2. Macが固くて平らで安定した、換気の良い作業面にあることを確認してください
  3. Macをシャットダウンする
  4. Macの電源を入れ、すぐにDキーを押し続けます。 画面にApple Hardware Testのアイコンが表示されるまでこのホールドを維持し、リリースします
    1. または、起動時にOption-Dを押して、インターネット経由でApple Hardware Testから起動します。
  5. 言語を選択して、右矢印またはReturnキーをクリックします
  6. テストするには、[テスト]ボタンをタップするか、Tキーを押すか、Returnキーを押します
    1. より徹底したテストを実行するには、「拡張テストを実行する」を選択します。 拡張テストの完了には時間がかかります
  7. テストが終了すると、テスト結果が右下に表示されます
  8. Apple Hardware Testを終了するには、ウィンドウの下部にある[再起動]または[シャットダウン]をクリックします

AHTを含まない起動ディスクを備えた一部の古いMacは、インターネット経由でApple Hardware Testを自動的に起動します。

OS X Lion 10.7以前を使用していて、AHTを起動できない場合は、「Applications Install Disc 2」という名前のOS Xインストールディスクを探します。 上記の手順を実行する前に 、ディスクを内部CD / DVDドライブまたは外部SuperDrive 挿入します。

MacBook Air(Late 2010)を使用している場合は、上記の手順を実行する前に、MacBook Airソフトウェアの再インストール用親指ドライブをUSBポートに差し込みます。

レバレッジターミナル

  1. 可能であれば、リカバリモードで起動します(CMD + Rキーを押して起動します)
  2. 画面上部のユーティリティメニューに移動します。
  3. リストからターミナルを選択します
  4. ターミナルに次の2つのコマンドを入力します
    1. cd / Volumes / Macintosh \ HD / var / db / caches / opendirectory
    2. mv ./mbr_cache ./mbr_cache-old
  5. ターミナルを出る
  6. 再起動

このプロセスにより、Macはmbr_cacheというファイルを強制的に再構築します。

基本的には、マスターブートレコードのキャッシュファイル、つまりMacが起動するために必要なファイルです

キャッシュの再構築が行われるため、最初の再起動が非常に遅くなることに備えてください。

macOS Mojave以降で「操作が許可されていません」というエラーが表示されますか?

ターミナルコマンドを実行できない場合は、macOSシステム整合性保護(略してSIP)がブロックしている可能性があります。

これを回避するには、システム環境設定のいくつかの設定を変更して、ターミナルからフルディスクにアクセスできるようにする必要があります。

[システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [プライバシー]タブを開きます