iCloudが[設定]でグレー表示されます。どうすれば修正できますか?

最近、iOSを更新したり、Apple IDとパスワードを変更したりして、iOSがiCloud設定をグレー表示したことを発見しましたか? iPad、iPhone、またはiPod Touchの設定アプリにアクセスし、Apple ID、iCloud、またはiTunes&App Storeの設定をタップすると、灰色で表示され、変更できません。 もしそうなら、あなたは一人ではありません!

iPhone / iPad / iPodの[設定]の[iCloud]オプションがグレー表示されているか、アクセスできないために機能しないという報告がいくつかのユーザーから寄せられています。

Appleシステムステータスの確認

考えられる原因は、アップル自身のサーバーです。 トラブルシューティングを行う前に、AppleシステムサポートページでiCloudが正常に動作しているか(または問題が発生しているか)を確認してください。

特定の問題を確認するには、プラス記号(+)をタップし、問題をスキャンして、問題が発生しているとiCloudをリストしているものを探します。

iCloudがグレー表示されるのはなぜですか? トラブルシューティングガイド

iOSを更新する

現在、デバイスで最新バージョンのiOSを実行していることを確認してください。

  • [設定]> [一般]> [ソフトウェアアップデート]に移動して確認します

  • または、デバイスをiTunesがインストールされているコンピューターに接続し、[ 更新の確認]を選択します

インストールされているセキュリティ証明書またはプロファイルを確認します

VPNを使用しているか、雇用主または学校がデバイスを管理している場合、デバイスにデバイス管理プロファイルまたはセキュリティ証明書が保存されている可能性があります。 Appleはこれを監視対象デバイスと呼びます。

iPhone、iPad、またはiPod touchが監視されている場合、デバイスを所有する組織は、デバイスがアクセスできる機能を制御する構成プロファイルをインストールすることを選択できます。

構成プロファイルファイルには、ネットワーク設定、電子メールとExchangeアカウント、パスコードオプション、デバイス機能へのアクセス制限など、雇用主が従業員のデバイスを制限または制限および管理できるようにする設定が含まれています。

iPhone、iPad、iPodが監視対象かどうかを確認する方法

  1. 設定を開く
  2. 画面の上部で、このデバイスが監視および管理されていることを通知するメッセージを探します
  3. iOS 9以前の場合、 [設定]> [一般]> [バージョン情報]で管理メッセージを探します
  4. [設定]> [一般]> [プロファイル]をタップします(デバイス管理、プロファイル管理、またはプロファイルとデバイス管理と呼ばれることもあります)

  5. プロファイルがインストールされている場合は、それをタップして詳細を確認し、設定されている制限を確認します

一部のアプリは、データを監視するために構成プロファイルをインストールします。アップルはこれらのアプリのほとんどをApp Storeから削除しましたが、それらはまだデバイスに残っている可能性があります。

構成プロファイルをインストールするアプリを削除する

  • 揺れるまでアプリを押し続けます
  • 次に、左上隅のXをタップして削除します
  • 「このアプリを削除するとデータも削除されます」というメッセージが表示された場合は、 [削除]をタップします

構成プロファイルを削除する

  • [設定]> [一般]> [プロファイル]に移動します(デバイス管理、プロファイル管理、またはプロファイルとデバイス管理とも呼ばれます)。
  • プロフィール名をタップ
  • プロファイルの削除またはプロファイルの削除を選択します

  • メッセージが表示されたら、デバイスのパスコードを入力し、[削除]をタップします
  • デバイスを再起動します

モバイルデータをオンにする

  • [設定]> [携帯電話(またはモバイル)]> [携帯電話データ]に移動します
  • セルラーデータが有効になっていることを確認する

  • 次に、アプリのリストを下にスクロールします
  • 設定アプリもオンになっていることを確認します

機内モードを試す

  • 機内モードをオンに切り替え、しばらく待ってからオフに切り替えます
  • 機内モードを切り替える最も簡単な方法は、コントロールセンターを使用することです

iCloudバックアップ設定を確認する

  • [設定]> [Apple IDプロファイル]> [iCloud]> [iCloudバックアップ]に移動します

  • ステータスに「 バックアップからのアプリの復元 」と表示されている場合は、キャンセルするか、すべてのアプリが復元されるのを待ちます(これには時間がかかる場合があります)。
  • 完了すると、iCloudは正常に動作し、灰色で表示されなくなります。

制限を確認する

  • iOSのアップデート中に制限がオンになった可能性があります。 これを修正するには、制限をオフにします
  • iOS 12以降の場合は、 [設定]> [スクリーン時間]> [コンテンツとプライバシーの制限]に移動します。 すべての制限を一時的にオフに切り替えてから、iCloudが利用可能かどうかを確認します

  • iOS 11 以前の場合、[設定]> [一般]> [制限]に移動し一時的にすべての制限をオフにしてから、iCloudが機能しているかどうかを確認します

  • また、 [設定]> [一般]> [制限]> [アカウント] (下部近く)を確認し、これを[変更を許可]に設定します

制限をオフにしても機能しない場合は、一時的にスクリーンタイム(iOS 12以降の場合)をオフにしてみてください。

  • [設定]> [画面時間]に移動し、一番下までスクロールして[画面オフ時間をオフにする]を見つけます。

  • この機能を無効にするには、タップして画面のタイムパスコードを入力します
  • スクリーンタイムのパスコードを思い出せない場合は、この記事でスクリーンタイムのパスコードをリセットするためのヒントを確認してください。

ネットワークの設定をリセットする

  • [設定]> [一般]> [リセット]> [ネットワーク設定のリセット]に移動します

  • この操作により、以前に使用したWiFiネットワークとパスワード、セルラー設定、VPNおよびAPN設定もリセットされます

すべての設定をリセット

  • [設定]> [一般]> [リセット]> [すべての設定をリセット]に移動します

    [すべての設定をリセット]を使用してこのエラーを回避する
  • これにより、通知、アラート、明るさ、目覚ましアラームなどのクロック設定を含む、設定のすべてがデフォルトにリセットされます。 すべての設定をリセットすると、壁紙やアクセシビリティ機能などのカスタマイズされたすべての機能が工場出荷時のデフォルトに戻ります。 したがって、iPhoneまたはiDeviceが再起動したら、これらの設定を再構成する必要があります。

Apple IDからログアウトする(可能な場合)

  • 場合によっては、Apple IDからログアウトしてから再度ログインして、デバイスをキックスタートする必要があります。 [設定]> [Apple IDプロファイル]に移動し、 [ログアウト]まで下にスクロールします

  • Apple IDからサインアウトするには、Find My iPhone(iPadまたはiPod)を一時的にオフにする必要があります

これらのヒントがiCloudを再び機能させるのに役立つことを願っています。 他に機能するものが見つかった場合は、コメントでお知らせください!