iPhoneの電源が入らない、デッドデバイスを修正する方法

一部のユーザーは、デバイスを起動しようとしたときにiPhoneがオンにならないことに気付きました。 この問題は、iPhone4S、iPhone 5、および一部のiPhone 6モデルでよく見られます。

問題を解決するために、ユーザーがデバイスを一晩充電したままにしようとしましたが、それでも問題は解決しません。

症状

  • ホームボタンを押しても電源が入らない
  • iPhoneは、壁のコンセントに直接接続されている場合にのみ機能します
  • 黒い画面を表示します
  • iPhoneがホーム/スリープボタンを押すとAppleロゴで応答するが、すぐにオフになる
  • 「iTunesに接続してください」というメッセージが表示された後、何も起こらない

これらの問題が発生している場合は、次の方法でトラブルシューティングできます。 各手順を実行しても問題が解決するかどうかを確認してください。

ソリューション

ステップ– 1再起動

強制再起動を実行する

  • iPhone 6S以下とすべてのiPadおよびiPod Touchで、Appleロゴが表示されるまでHomeとPowerを同時に押します。
  • iPhone 7またはiPhone 7 Plusの場合:Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンとボリュームダウンボタンの両方を10秒以上押し続けます。

  • iPhone XまたはiPhone 8またはiPhone 8 Plusの場合:音量大ボタンを押してすぐに離します。 次に、音量小ボタンを押してすぐに離します。 最後に、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

ステップ– 2プラグイン

iPhoneがステップ1に反応しない場合は、iPhoneを1時間充電し、iPhone充電器を直接壁のコンセントに差し込んでから、ステップ– 1を繰り返してみてください。一部のユーザーは、電源タップに接続できないことを発見しました。 コンセントに直接差し込むだけで動作しました。

ステップ– 3クリーンアップ

iPhoneがまったく充電されない場合は、デバイスの充電ポートを確認してください。 古いスマートフォンでは、充電ポートにごみがたまると、デバイスが充電されなくなることがあります。 プラスチック製のクリップを使用して充電ポートを清掃し、詰まったごみを取り除いてから、ステップ2に続いてステップ1をもう一度試します。 また、電源ケーブルを確認してください。 摩耗または損傷している場合は、新しい充電ケーブルが必要になることがあります。

ステップ– 4 iTunesに接続する

一部のユーザーは、デバイスを充電し、ホームボタンとスリープボタンを20秒間押した後、iPhoneの画面に「iTunesに接続してください」というメッセージが表示されて停止することに気付きました。 このメッセージが表示された場合は、デバイスをリカバリモードにしてみてください。 iDeviceに機械的なホームボタンがない場合は、代わりに音量小ボタンを押します。

ステップ– 5回復モード

デバイスをリカバリモードにするには、デバイスをコンピュータに接続し、iTunesを開きます 。 デバイスをコンピューターに接続したら、アップルのロゴに続いて復元メッセージが表示されるまで、iPhoneモデル(またはiPadとiPod Touch)の強制再起動の指示に従います

ステップ– 6復元

メッセージが表示されたら、デバイスの復元とセットアップを選択します。

関連: iPhoneを復元できない

詳細

この手順では、基本的にiOSのクラッシュ後にiPhoneを再起動します。 この問題を防ぐ1つの方法は、少なくとも週に1回は定期的にiPhoneの電源を切ることです。 スライドして電源を切るメッセージが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンを押し、それを使用してデバイスをシャットダウンします。

電源ボタンが機能しない?

古いデバイスの一部では、電源ボタンまたはスリープウェイクボタンが壊れている場合があります。 そのような場合、デバイスを修正せずにこれを行うのは困難です。 デバイスを再起動する1つの方法は、アクセシビリティ設定を使用することです。 [設定]> [一般]> [ユーザー補助]> [太字テキスト]に移動します。 太字のテキスト設定までスクロールして切り替えます。 iPhoneを再起動することを提案するメッセージが表示されます。 確認すると、デバイスが再起動します。

電源ボタンの別のオプション

画面に「スライドして電源を切る」が表示されるまで、ロック画面のユーザー補助ボタンを押し続けることもできます。 これでデバイスがシャットダウンします。 [設定]> [一般]> [ユーザー補助]> [補助タッチ]> [トップレベルのカスタマイズ]メニューに移動します。 画面に白い円が入った小さな灰色の四角が表示されます。

トップレベルのカスタマイズメニューで、カスタムボタンを押し、オプションのリストから「画面をロック」を選択します。 ロック画面がアシストタッチメニューに表示されます。 この機能を使用するには、メニューを開く支援タッチボタンを押します。 次に、電源オフスライドが表示されるまでロックアイコンを押し続けます。

他のオプションが必要ですか?

スマートフォンを電源から外してもう一度差し込みます。または、スマートフォンを電源に接続して、電源を入れ直します。

ホームボタンがない?

アシストタッチメニューを使用してロック画面ボタンを追加したのと同様の方法で、仮想ホームボタンを追加します。 ホームボタンが機能しない場合は、詳細な記事をご覧ください。

定期的にデバイスを再起動することも、古いデバイスでのこの問題の防止に役立ちます。

注意すべきもう1つの側面は、iOSアップデートに関するものです。 iPhoneがiPhone 4S-5Cなどの古いモデルである場合は、iOSをアップグレードする前に待つことをお勧めします。 実際、Appleは、32ビットアーキテクチャを使用する古い携帯電話やアプリで新しいiOS 11を利用できるようにしていません。

同様に、 5Cや5Sなどの古いiPhoneモデルを使用している場合は、新しいiOSがリリースされてから数週間待ってから、デバイスのアップグレードを決定します。 これにより、問題の多くの心痛が軽減されます。

時間がない? ビデオをご覧ください!

概要

それでも問題が解決しない場合は、デバイスをAppleの修理センターに持って行き、デバイスを見てもらう必要があるかもしれません

Appleは以前、iPhoneサポートに連絡してあなたの電話番号を提供し、バッテリーでリモート診断を実行して、バッテリーのステータスに関するテキストを送信できるプログラムを使用していました。 残念ながら、そのオプションはサポートページではもう利用できないようです。

ここをクリックして、アップルのテクニカルサポートと話す予約をしてください。 問題が解決した場合はお知らせください。投稿を他のユーザーと共有してください。

幸運を。