Appleアプリ固有のパスワードはどのように扱われますか? ここにあなたが知る必要があるすべてがあります

Appleのサービスに保存するデータは通常、かなり安全です。 では、サードパーティのサービスがそのデータにアクセスする必要がある場合はどうなりますか? Appleアプリ固有のパスワードを入力します。

アプリ固有のパスワードの入門書が必要な場合でも、パスワードの使用方法と管理方法を習得したい場合でも、Appleの機能について知っておく必要のあるものがすべてここにあります。

関連した

    Appleアプリ固有のパスワードとは何ですか?

    アプリ固有のパスワードは、Appleデータでサードパーティのアプリを使用できるようにするセキュリティ機能です(あまり多くのアクセスを許可することなく)。

    アプリ固有のパスワードは、基本的に、ランダムに生成されたサードパーティのアプリまたはサービスがApple IDの特定の部分にアクセスするための方法です。 これらは基本的に、メール、連絡先、カレンダーなどの特定のiCloudサービスでサードパーティのサービスを使用する唯一の方法です。

    単純なアプリ間統合とは別にアプリ固有のパスワードを設定するのは、パスワードがはるかに安全であることです。 一般に、Apple IDに接続するアプリは、Appleアカウントから3種類のデータ(メール、連絡先、イベント)にのみアクセスできます。

    カレンダーで作成したイベントや連絡先のアドレスなど、Apple IDデータの一部にアクセスする必要があるモバイル、デスクトップ、またはブラウザーアプリには、アプリ固有のパスワードを使用します。

    アプリ固有のパスワードを使用すると、サードパーティのサービスがカレンダーの日付などにアクセスできますが、それ以外のことはできません。 また、パスワードやログイン認証情報が他のサービスと共有されたり、サーバーに保存されたりすることはありません。

    アプリ固有のパスワードの使用方法

    アプリ固有のパスワードペインは少し隠されていますが、Apple IDサイトにあります。

    注:アプリ固有のパスワードを使用するには、Appleアカウントで2要素認証が有効になっていることを確認する必要があります。 そうでない場合は、とにかく行うことをお勧めします。

    アプリ固有のパスワードを作成することは実際にはかなり簡単です。 ただし、公式のApple ID管理ポータルからも実行できます。

    • AppleのApple ID Webページにアクセスします。 資格情報を使用してログインします。 (信頼できるデバイスを使用していない場合は、2要素による認証が必要になる場合があります)。
    • ここには、「セキュリティ」と書かれたものを含む、いくつかの小見出しがあります。
    • [セキュリティ]セクションで、[ アプリ固有のパスワード ]の下に[ パスワードの 生成… ]というボタンが表示されます
    • アプリ固有のパスワードを追跡できるように、パスワードラベルを入力します。
    • 実行すると、アプリ固有のパスワードが表示されます。 これを書き留めるか、コピーして貼り付けます。

    アプリ固有のパスワードを入手したら、サードパーティのアプリをApple IDに接続できます。

    アプリ固有のパスワードでログインするための正確なプロセスは、アプリによって異なります。 彼らはそうする方法についての指示を提供するべきです。

    一部のアプリには、アプリ固有のパスワードを接続するための特定のセクションがあります。 その他のアプリの場合は、Apple IDに関連付けられたメールアドレスと、アプリ固有のパスワードをパスワードフィールドに入力するだけです。

    アプリ固有のパスワードを管理および取り消す方法

    [履歴を表示]をクリックすると、アプリ固有のアクティブなパスワードの数を確認できます。

    Apple IDに接続できるアプリ固有のパスワードは、常に25個までです。 ただし、これらのパスワードのいずれかが不要な場合は、いつでも取り消すことができます。

    これは、サードパーティのサービスのセキュリティやプライバシーについて疑問がある場合にも役立ちます。 メインのパスワードを変更したり、アカウントをリセットしたりすることなく、アプリ固有のパスワードを取り消すことができます。

    そういえば、最終的にApple IDのパスワードを変更すると、セキュリティ対策として、使用するアプリ固有のパスワードがすべて取り消されます。

    それらが取り消されたら、そのサービスを引き続き使用するには、新しいアプリ固有のパスワードを生成する必要があります。

    個々のアプリ固有のパスワードを取り消したいですか? 横にあるXアイコンをクリックするだけです。
    • Apple IDアカウントページに再度ログインします。
    • [セキュリティ]セクションを見つけ、その横にある[編集]ボタンをクリックします。
    • アプリ固有のパスワードセクションの下に、「履歴を表示」という小さなボタンが表示されます。
    • ここには、現在持っているアプリ固有のアクティブなパスワードの数が表示されます。 また、いつ作成したか、最初に付与したラベルも正確に表示されます。
    • アプリ固有のパスワードを1つ削除するには、その横にあるXを押します。
    • アプリ固有のすべてのパスワードを急いで取り除く必要がありますか? [すべて取り消す]をクリックしてください。
    • それらの管理が完了したら、[完了]ボタンをクリックします。

    アプリ固有のパスワードを取り消すと、Appleのコンテンツにアクセスできなくなります。 特定のパスワードも永久に無効になるため、後で再利用することはできません。

    いくつかの追加のメモとヒント

    アプリ固有のパスワードを使用するのは非常に簡単ですが、サービスについて知っておくと便利ないくつかの追加のヒントを次に示します。

    • アップルでは、​​サードパーティのサービスやアプリごとに異なるアプリ固有のパスワードを使用することをお勧めしています。 私たちもします。 ただし、実際にアプリ固有のパスワードを複数のサードパーティアプリで再利用できます(取り消されない限り)。 一方、アプリ固有のパスワードが生成されると、それを再び表示することはできません。 したがって、再利用する場合は、アクセス可能な場所に書き留めてください。
    • アプリ固有のパスワードを覚えておく必要はありませんが、通常のパスワードと同じように扱うことをお勧めします。 それらを悪意のある手の中に入れないでください。 悪意のある俳優がたまたまそれを入手した場合、彼らはあなたのデータの一部を収集するなど、悪意のある目的にそれを使用することができます。
    • 特定のサードパーティサービス、特にAppleと提携しているものは、アプリ固有のパスワードを必要としません。 注目すべき1つの例は、iCloud for Windowsです。 iCloud for Windowsにサインインしている限り、Microsoftソフトウェアを使用するときにアプリ固有のパスワードは必要ありません。
    • Mac OS X Lion 10.7.5より古いソフトウェアを実行するMacや、iOS 5以前を実行するiOSデバイスなど、古いAppleデバイスのアプリ固有のパスワードも必要になる場合があります。

    アプリ固有のパスワードのトラブルシューティング

    特定のアプリ固有のパスワードではサードパーティのアプリからAppleサービスにログインできない場合は、それを取り消して新しいパスワードを作成することをお勧めします。

    何らかの理由で、アプリ固有の新しいパスワードが機能しない場合は、使用しようとしているアプリに問題がある可能性があります。 アプリがまだ維持されていることを確認します。 さらに、最悪のシナリオでは、追加のトラブルシューティングについて開発者に連絡してください。

    この記事が有益で有用なものになったことを願っています。 ご不明な点がございましたら、下のコメントでお知らせください。