iOS 13を実行しているiPhoneまたはiPadでクイックアクションとピークを使用できるようになりました

AppleはiOS 13とiPadOSのほぼすべてのデバイスで長押しでクイックアクションを利用できるようにしました。

これは、クイックアクションやピークなどの便利な機能を幅広いデバイスに提供するため、ユーザーにとって大きな恩恵です。 しかし、この動きは3D Touchにいくつかの大きな影響を及ぼします—機能のまさに未来を含みます。

iOS 13とiPadOSのクイックアクションについて知っておくべきことは次のとおりです

違いは何ですか?

このスクリーンショットでiOS 12を実行しているiPhone 8のように、3Dタッチを装備したデバイスを所有している場合、クイックアクションとピークに既に慣れているかもしれません。

3Dタッチ対応デバイスを所有している場合は、おそらくクイックアクションに既に慣れていることでしょう。 アプリ、フォルダ、または別のUI要素をしっかりと押すと表示されるコンテキストメニューです。

一方、長押しは、そのように聞こえるだけです。 何かが起こるまでアイコンを押し続けるだけです。 iOSの歴史のほとんどについて、これはホーム画面に「小刻みに動く」モードをもたらしました。

2つの主な違いは、長押しはアプリを押した時間の長さから生じますが、しっかり押した場合は特定の圧力がかかります。

何が変わったの?

では何が変更されたのですか? まあ、iOS 13とiPadOSでは、どのデバイスでも長押しするだけで[クイックアクション]メニューと[ピーク]オプションにアクセスできます。

新しい変更により、バックグラウンドで圧力感知が行われているようには見えません。 しっかりプレスと長押しを区別するために「深くプレス」することはできません。

つまり、特定の3Dタッチ関連の機能にアクセスできなくなりますが、クイックアクションやピークなどの他の機能が、iOS 13またはiPadOSを実行できるすべてのデバイスで使用できるようになります。

これはハプティックタッチと同じですか?

基本的に、iPhone 11またはXRのハプティックタッチと、すべてのiPhoneで利用できる新しい長押しアクションとの間に差はありません。

Haptic Touchは、AppleのTaptic Engineからの少しの触覚フィードバックと組み合わさった長押しの単なるファンシーなマーケティング用語です。 圧力感知は行われておらず、この機能は実際には3D Touchをまったく利用していません。

そのため、Appleが3D TouchまたはHaptic Touchなしでデバイスに触覚フィードバックをさかのぼって追加できるかどうかは明確ではありません。 テストしたデバイスでは、クイックアクションはTaptic Engineを使用していないようです。

クイックアクションとピークの使用方法

iOS 13とiPadOSでは、単純な長押しでクイックアクションメニューや一部のピーク機能にアクセスできます。

iOS 13またはiPadOSのまさにそのバージョンを実行できるiPhoneまたはiPadがあれば、自分で試してみることができます。 前述のとおり、これらの機能にアクセスするために3D Touch iPhoneは必要ありません。

  • クイックアクション:アプリアイコンを押し続けると、3D Touchと同じように、そのアプリに関連付けられたさまざまなクイックアクションを実行できます。 これには、Safariで新しいプライベートタブを開いたり、メッセージの頻繁な連絡先にすばやくアクセスしたりすることが含まれます。
  • フォルダのクイックアクション:アプリのフォルダを押し続けると、通知が保留されているすべてのアプリのリストが表示されます。
  • プレビュー: 3D Touchの最も便利なオプションの1つは、プレビューする機能です。 iOS 13およびiPadOSでは、さまざまなUI要素を押し続けると、メッセージ、Webリンク、または電子メールを「覗く」ことができます。
  • しかし、ポップはどこにありますか?:残念ながら、ポップはハプティックタッチや新しい長押し機能の一部ではないようです。 少なくとも、まだです。
  • アプリの並べ替えこの時点では、ホーム画面でのアプリの並べ替えは少し厄介です。 これは、短すぎる時間を押してもあまり効果がないためです。長すぎる時間を押すと、「小刻み」モードがアクティブになります。 「スイートスポット」は、ホーム画面アプリで約1秒の「ホールドアンドリリース」のようです。
  • アプリオプションの並べ替えの改善。 この時点で、Appleは、ホーム画面の[クイックアクション]メニューに新しい[アプリの再配置]ボタンを追加することでこれを修正するようです。 このボタンは最新のベータ版で利用できるようになりました。

iPadOSでのクイックアクション

この変更により、3D Touchを使用したことのないiPadでクイックアクションとピークを使用できるようになります。 (そして、はい、Apple Pencilでこれらの機能をアクティブにすることができます。)

これらの機能はすべて、iPadのApple Pencilを使用してアクセスすることもできます。 したがって、ナビゲーションにAppleスタイラスを使用している場合は、クイックアクションメニューを表示し、それを使用して通知を「覗く」ことができます。

クイックアクションをオフにしたいですか?

申し訳ありませんが、クイックアクションメニューをオフにする方法はありません。

すでに3D TouchまたはHaptic TouchをサポートしているiPhoneについてはどうですか?

残念ながら、3D Touchは正式にリリースされるようです。 次のiPhoneはハプティックタッチに切り替えると噂されています。

この時点で、おそらく3D Touchの機能がクイックアクションに置き換わっていることにお気づきでしょう。 すべてのアカウントで、3D Touchは間もなくリリースされるようです。

たとえば、iPhone XRには3Dタッチの代わりにハプティックタッチがありました(これまで説明したように、これは触覚フィードバックを備えた長押しです)。 それ以上に、今年のiPhoneのラインナップは主に3D Touch全体を除くと期待されています。 Haptic Touchに置き換えられる可能性があります。

なぜAppleはこれをしているのですか? はっきりしない。 しかし、3D Touchは一部のユーザーに愛されていますが、広く普及している機能ではありません。 多くのユーザーはそれを知らないか、偶然にそれを発見します。 Nixing 3D Touchは、感圧ディスプレイレイヤーを必要としないため、iPhoneをより安価にすることもできます。

すでに3D Touchをサポートしているデバイスではどうなるかは明確ではありません。 iOS 13ベータでは、3D Touchが削除され、その後、さまざまなベータビルドで再導入されたようです。 現在、最新のベータ版で利用できます。

これは、少なくとも当面は3D Touchのサポートが続くことを示唆しています。 しかし、Appleの近日発売予定のiPhoneはこの機能を使用しません。つまり、時間が経つにつれて非推奨になる可能性があります。